バットマン、ダークナイトライジングにもジョーカーはいた!

joker

この記事  とても興味深いです。
『ダークナイト・ライジング』に”ジョーカー”がいた?というものです。

“登場箇所”は2つあって、

①ブルース・ウェインが座っているテーブルの上の本の表紙がジョーカーの写真っぽい
②最後の バットマンの銅像がお披露目になるシーン、上から 撮ったシーンですが、これが、ジョーカーの顔に見える!(銅像の部分がジョーカーの鼻!)

うーん(笑) 。DVD&ブルーレイで確認しましょう(笑)。

ちなみに『ダークナイト・ライジング』のノベライズ版だと ”デント法で出来た刑務所=映画の中でベインたちが襲う刑務所が 出来た際、アーカム・アサイラムに収容されていた囚人たちは すべてそこに移されたたが、一人だけ移されなかった男がいる” という秘話が語られ、その男こそジョーカーということを匂わせているそうです。

参考サイト: すぴ’s アメコミヒーロージャングル

THE DARK KNIGHT TRILOGY プレイアーツ改 ジョーカー (完成品・アクションフィギュア)【ムービー・マスターピース DX】『ダークナイト』 1/6スケールフィギュア ジョーカー(2.0版) (2次出荷分)【ムービー・マスターピース】 『ダークナイト』 1/6スケールフィギュア ジョーカー (銀行強盗)

ロボコップ、リメイク決定

             9158ba92

同作は、映画『バス174』のジョゼ・パヂーリャ監督がメガホンを取る作品で、人気テレビドラマ「THE KILLING ~闇に眠る美少女」のジョエル・キナマンが、オリジナル作品でピーター・ウェラーが演じていた主人公アレックス・マーフィー / ロボコップ役に決定している。

このほかに、ロボコップの設計者をゲイリー・オールドマン、軍事力を牛耳るメディア王をサミュエル・L・ジャクソン、デトロイト警察を管理する悪名高きオムニ社のCEOをマイケル・キートン、アレックス・マーフィーの妻をアビー・コーニッシュが演じる。

今のところ、延期理由は明確にされていないが、マット・デイモンとジョディ・フォスター共演のSF映画『エリシウム(原題) / Elysium』の公開日が、2013年3月1日から、当初『ロボコップ』の公開日とされていた同年8月9日に延期されたことが影響しているようだ。公開を遅らせることで、編集段階でのスペシャル・エフェクトに時間をかけるものと思われる。

リメイク作品は、巨大企業オムニ社がロボット・テクノロジーを支配する2029年のデトロイトが舞台。勤務中に重傷を負い死亡した警官アレックスが、オムニ社の科学力によってロボット警官として生まれ変わり、犯罪が多発する街に繰り出していく姿を描いた、近未来アクション作品となる予定

参考サイト:シネマトゥデイ

マイティ・ソー続編公開決定!

16219

「マイティ・ソー2」の全米公開が、2014年2月に早くも決定した。

第1弾はケネス・ブラナー監督、豪イケメン俳優クリス・ヘムズワースが主演。タフで屈強な戦士ソー(ヘムズワース)は、ごう慢さゆえに神々の王オーディンの怒りを買い、地球へと追放されるが、天文学者ジェーンと出会いを通して“真の正義”に目覚めていく。名優アンソニー・ホプキンスがオーディン役を、オスカー女優ナタリー・ポートマンがジェーン役を演じている。

米Deadlineによれば、続編もヘムズワースがソー役で主演する。ブラナー監督は、次回はプロデュース業に専念し、新たな監督が抜てきされるようだ。

参考サイト:映画ドットコム

 

『アベンジャーズ』のスピンオフ『S.H.I.E.L.D.』、ドラマ化決定!

130311ktshield

この夏日本でも劇場公開され大ヒットとなっている映画『アベンジャーズ』。この映画に登場する国際平和維持組織シールド(S.H.I.E.L.D.)を舞台にしたTVドラマのパイロット版が制作されることがわかった。

米TV Lineによると、このパイロット版を制作するのは、映画『アベンジャーズ』でメガホンを取ったジョス・ウェドン監督。映画では地球の侵略を目論む邪悪な神ロキと戦うため、7人のスーパーヒーローたちがアベンジャーズを結成するが、このアベンジャーズ計画はS.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリーの命によるもの。ウェドン監督はこのS.H.I.E.L.D.にスポットを当て、映画に引き続きTVシリーズでもマーベル・コミックの世界観を描くようだ。

そうなると気になるのはキャスティング。映画でサミュエル・L・ジャクソンが演じたフューリー長官は誰が演じることになるのか。また、マーベル・コミックのキャラクターが登場することはあるのかなども見どころのひとつとなるだろう。

詳細はまだ何も決定していないが、すでにABCがこのパイロット版をオーダーしていることもあり、ウェドン監督は早急に弟のジェド・ウェドンらとともに脚本の執筆に取り掛かるという。『ドールハウス』や『バフィー~恋する十字架~』シリーズなどTVドラマはお手のもののウェドン監督。ぜひともS.H.I.E.L.D.がTVシリーズ化されることを期待したい。

参考サイト:海外ドラマNAVI

「サイボーグ009 USAエディション」邦訳版 5月16日に予約受付スタート

009

石ノ森章太郎による日本の名作SFマンガのアメコミ版として話題を呼ぶ『009:USAエディション』が、7月19日に米国のコミックス出版社Archaiaから発売される。
石ノ森章太郎の原作を再構築、米国コミックス界で高い実績を持つF.J.デサントとブラッドリー・クランプが脚本、作画をマーカス・トゥが担当する。2013年夏の話題作のひとつだ。

970789_560268277329124_1636734854_nアメコミ版ではあるが、本書は日本でもいち早く邦訳出版されることが決定している。アメコミやバンドデシネの邦訳出版で定評のある小学館集英社プロダクション(ShoPro)が邦訳、米国発売日と同日の7月19日に発売する。異例のアメコミの日米同時リリースを実現する。
発売まで2ヵ月を控えこの国内版の予約受付が開始した。また、日本でのタイトルが『サイボーグ009:USAエディション』であることも明かされている。
さらに本書の表紙画像も公開され、これまで異なる趣の新しい00ナンバーサイボーグの面々を見ることが出来る。これまでもアニメ化など様々な変容を繰り返してきた『サイボーグ009』が海を渡り、どう表現されたかも分かり興味深い。
こちらの画像をベースにした壁紙とヘッダー画像が今後配布予定だ。詳細は、今後公式サイトやTwitter、Facebookで発表される。

また、予約受付開始を5月19日に決めたのは理由がある。実はこの日は、009こと島村ジョーの誕生日にあたる。そして、7月19日の発売日は、“サイボーグ009の日”にあたる。
石ノ森章太郎 生誕75周年にあたる2013年は、このほかも記念企画が多い。7月13日からは、石ノ森萬画館にて『サイボーグ009展(仮)』が開催される。2012年は映画『009 RE:CYBORG』で大きな盛り上がりを見せた本作だが、2013年も引き続き話題を呼び続けそうだ。

著者プロフィール
●F.J.デサント[脚本]…プロデューサー、ライターであり、映画やドキュメンタリーも手掛けるクリエイター。DCコミックス、Archaia、ムーンストーン、ルーカスフィルム等で活躍している。
●ブラッドリー・クランプ[脚本]…ロサンゼルス在住のライター、プロデューサー。『ガタカ』『トゥルーマン・ショー』『ロード・オブ・ウォー』等の映画作品にクレジットされている。
●マーカス・トゥ[画]…カナダ出身のアーティスト、イラストレーター。2004年にアメリカのコミック業界でデビューした。『レッドロビン』『ハントレス』『フラッシュ』等の作品を手掛ける。

小学館集英社プロダクション(ShoPro)
http://books.shopro.co.jp/
Ffacebook http://www.facebook.com/ShoProBooks
Twitter @ShoProBooks

石ノ森萬画館
http://www.man-bow.com/manga/

参照サイト:アニメ!アニメ!

銃乱射事件の余波か? ヒーローの格好をした男が逮捕される 2012.08.10

ヒーローの格好をして声かけを行った男が逮捕される
気持ちはわかるが、タイミングが…マスクにマントというスーパー・ヒーローの格好をした男性が逮捕されるという事件が、アメリカのニュージャージー州で発生しました。なんでも彼は、ホームセンターの駐車場に立っていたら警察を呼ばれて、逮捕されてしまったんだとか。

彼はなぜ逮捕されてしまったのか。以下にてこの事件の詳細をお伝えいたします。

Lehigh Valley Live」に掲載された情報によれば、逮捕された男性は元軍人(軍警察の一員だったんだとか)のマシュー・アージンターさん。彼は「ビースト」という名前を使い、数ヶ月にわたって、スーパー・ヒーローに扮して出歩くという活動をしていました。

彼は本物のヒーローのように戦うことなどは望んでおらず、あくまでスーパー・ヒーローの格好をして街を歩く活動を通じて、人々に希望を与えようとしていたんだと語っています。主に夜間に行なっていたこの活動は人々から受け入れられていて、子どもと一緒に写真をとってくれと頼まれることもあったんだとか。

そして事件当日、彼は活動を日中にも行おうと、初めて「ビースト」として昼のホームセンターへ行きました。ところが、笑顔で子供に手を振ったりしていたところ、彼は警察に通報され、逮捕。罪状は「手錠の不法所持」と「治安びん乱」。彼を目撃した女性はこのように語っています。

劇場で起こったあの事件の事しか考えられなかったわ。たとえジョークであっても、一体何であんなことをしたのかしら?

どうやら、先日こちらの記事でもお伝えした、『ダークナイトライジング』の上映中に起こった銃乱射事件を思い出してしまった人が多かったようです。あの事件から1ヶ月もたっていないから仕方ないですね。彼のマスクが若干「バットマン」っぽいのも一つの原因だったのかもしれません(彼は自分のマスクのモデルはバットマンではないと否定していますが)。

タイミングが悪かったことは彼も認めており、「同じ側」であるからと逮捕にも抵抗しませんでした。また、目撃者は彼が人に「助けは必要ないか」と話かけていたと証言していますが、彼はそれを否定しています。こちらの報道によれば、有罪が確定すると7ヶ月の懲役となってしまうようです。

彼の活動自体は何も悪いことではなかったし、人々に希望を与えようという目的も非常に純粋なものでした。手を振ったり、「助けは必要ないか」って聞くのだって、罪にはならないはず。でもやっぱりあの事件の直後ということもあり、配慮は必要だったのかもしれません。

とにかく、なにか社会のための活動をする時はヒーローの格好をするのは避けたほうがいいのかもしれません。志さえあれば、コスチュームは無くともヒーローになれますからね。なんであれ、あのような痛ましい銃撃事件が二度と起こらない社会になってほしいものですね。

参考サイト:kotaku

 

スーパーヒーロー、「フェニックスジョーンズ」が逮捕される!

phoenixjones02

自称スーパーヒーローとして、シアトルで独自の自警活動を続けていた『フェニックスジョーンズ』容疑者が逮捕されたのは、2011年のこと。一般の男女4人に対して唐辛子スプレーを噴霧した容疑にかけられていますが、13日の木曜日にマスクを着けたまま法廷入りしたフェニックス・ジョーンズは、公判中にはマスクを脱ぐように指示され、それに従ったようです。

審理を終えた後、記者たちの前に姿を見せたスーパーヒーローはおもむろにマスクを脱いで見せ、本名のベンジャミン ・ジョン・フランシス ・フォーダーを明らかにしました。そして彼はこう述べています。
「私は父です、そしてブラザーです。あなたがたとの唯一の違いは、そう、私が街と地域の治安と平和を守ることを心に誓っていることです」
02

phoenixjones01
03
phoenixjones0304
phoenixjones0405
phoenixjones05

06
phoenixjones06

07
phoenixjones07

08
phoenixjones08

09
phoenixjones09

10
phoenixjones10

11
phoenixjones11

12
phoenixjones12

13
phoenixjones13

14
phoenixjones14

参考サイト:biog-bu