これぞスーパーマン!大空をかける『マン・オブ・スティール』ポスタービジュアル公開!

manofsteel

アメコミ界を代表するヒーロー「スーパーマン」の誕生を新たに描く映画『マン・オブ・スティール』の劇場版の本ポスターが完成し、従来のイメージを彷彿(ほうふつ)させる、力強く空を舞う新スーパーマンの姿が公開になった。

スーパーマン誕生!映画『マン・オブ・スティール』予告編

映画『ダークナイト』のクリストファー・ノーランが製作・原案を務め、『ウォッチメン』のザック・スナイダー監督がメガホンを取る本作。崩壊寸前の惑星から両親の手で地球に送られ、地球人の夫婦に育てられた一人の青年が、いかにして最強のヒーロー・スーパーマンとなるのか。その心の旅を迫力の映像と共に描き出す。

これまで公開されてきた予告編では、感動の人間ドラマを予感させる叙情的なシーンや、スーパーマンが手錠をはめられ軍隊に連行される場面など、ノーランやスナイダー監督らしいリアリティーあふれる映像が展開。しかし今回の劇場版ポスターでは、腕を前に伸ばし力強く空を駆ける、おなじみのスーパーマンの姿が描かれており、同作が重厚なドラマはもちろん、スーパーヒーローの活躍もしっかりと描いた作品であることをうかがわせる。

本作で新スーパーマンを演じる英国俳優ヘンリー・カヴィルは、この大役に「役が決まったときの興奮は一生忘れられないと思います」と興奮気味にコメント。二つの母星におけるスーパーマンの父親をラッセル・クロウとケヴィン・コスナーが演じるほか、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ローレンス・フィッシュバーン、ダイアン・レインなど実力派キャストが顔を揃える。

スーパーマンは今年で、その誕生から75周年を迎える。日本に先駆けて来週から公開を迎える全米では、節目の年における伝説的ヒーローの復活に対して、異様なほどの熱気に包まれており、連日テレビCMを怒涛(どとう)のごとく放映、100社にも及ぶ企業タイアップが組まれているという。8月の公開を待つ日本も、その興奮がますます伝わっていくことになりそうだ。

映画『マン・オブ・スティール』は8月30日より新宿ピカデリーほかにて全国公開(3D / 2D同時公開)

参考サイト:シネマトゥデイ

漆黒のヒーロー誕生!ザ・ケープ!

cape

 

海外ドラマに衝撃の“アメコミヒーロー”が誕生する。その名も『ザ・ケープ 漆黒のヒーロー』。

『スパイダーマン』や『ダークナイト』など人気作を多数抱え、今年も『アイアンマン3』など期待作が目白押しの鉄板“アメコミヒーロー”ジャンル。本作は、米3大ネットワークNBCが放つ“漆黒のケープ”を身にまとった覆面ヒーローの活躍を描いたヒーロー・アクション・エンターテインメント。

舞台はアメリカの架空の都市パームシティ。街の警官は汚職にまみれ、犯罪の巣窟と化し腐敗しつつあった。誠実で正義感にあふれる警察官ヴィンスは汚職に屈さず正義を貫くが、悪の大物フレミングの罠にはまり、無実の罪を着せられ襲撃される。間一髪で謎の強盗サーカス団に命を救われたヴィンスだが、世間的にはすでに帰らぬ人となっていた。フレミングが街の乗っ取りにむけ勢力を拡大していく中、街の平和と正義を取り戻すため、悪事を暴く謎のブロガー、オーウェルと共に、ヴィンスは息子が愛読していたコミック「ザ・ケープ」のヒーローとして生まれ変わる…。

本作は、ハリウッド最前線で活躍するスターが多数出演していることでも話題の作品。主人公ヴィンスと共に戦う謎の美人ブロガーを、『ターミネーター:サラ・コナー・クロニクルズ』の美女ターミネーターで大人気を博したサマー・グローが熱演。また『トロン:レガシー』のジェームズ・フレインや、『クラウド アトラス』のキース・デヴィッドなども出演しており、豪華キャストが顔を揃える。

さらに、日本語吹替版で主人公ヴィンスの声を演じるのは、お茶の間の人気者“山ちゃん”こと山寺宏一が務め、サマー・グロー演じるオーウェルの声を、ミュージカル版『レ・ミゼラブル』でリトル・コゼットを演じたほか、多くの映画やアニメなどで活躍する本名陽子が担当する。

『ザ・ケープ 漆黒のヒーロー』は、7月3日よりDVDリリース。

YouTube Preview Image

参考サイト:クランクイン

 

キックアス2公開決定!

Kick-Ass_2-20130314-163647

日本でもスマッシュヒットを記録したアクション映画待望の続編、『キック・アス2(原題) / Kick-Ass 2』の海外版予告編がMTVにて公開され、クロエ・グレース・モレッツふんするヒット・ガールの新たな活躍ぶりが明らかになった。

今回公開された予告編は、ヒット・ガール(クロエ)とキック・アス(アーロン・テイラー=ジョンソン)のトレーニング風景から幕開ける。前作でも爽快なアクションを見せてくれたヒット・ガールだが、今回もそれは健在。自らを子ども扱いするキック・アスを「どう?」と言わんばかりにたたきのめす姿はあどけなさを残していながらも、早くも大人の魅力に目覚めており、世界中のファンをキック・アス同様にノックアウトすること間違いなしだ。

また、前作から引き続き出演するレッド・ミスト役のクリストファー・ミンツ=プラッセや初参加となるジム・キャリーといったキャストも登場。そのほかにも新たなヒーローたちが現れており、アクション・ストーリーなど全ての面で前作よりパワーアップしていることを予感させる。爽快感あふれるアクションがこれでもかといわんばかりに詰め込まれているのもうれしいところだ。

原作者のマーク・ミラーは『キック・アス』が3部作になることを明言しており、その言葉通り、第2部にあたる本作では、主人公キック・アスが大きな岐路に立たされることになることも示されている。スーパーヒーローに憧れて自らヒーローとしての活動をスタートさせたキック・アスだが、その正体は元をたどればただのオタク少年。だが、ヒット・ガールは「キック・アスはただのコスチュームなんかじゃない。それがあなたの本当の姿なのよ」という言葉を投げ掛けるのだ。

さまざまな新展開が待っていることが今回の予告編からでも十分にうかがえる本作。日本公開の予定は今のところ発表されていないが、公開決定の報を今か今かと待ち望んでいるファンは決して少なくないはずだ。

参考サイト:シネマトゥデイ

実際のスーパーヒーローになるには、いくらかかるの?

ironman誰もが気になる「実際スーパーヒーローになるにはいくら必要?」という疑問に答えたYou’re So MoneySupermarketの特集が話題になっている。今回取り上げられたのは、この夏の超大作『ダークナイト ライジング』と『アベンジャーズ』からそれぞれバットマン(ブルース・ウェイン)とアイアンマン(トニー・スターク)だ。

batmanまずはバットマンのスーツ。頭を守るバットヘルメット(頭巾とも言われるが……)、網膜プロジェクション装置、そしてメモリー・クロス・ポリマーなる特殊生地でできている4万ドル(約320万円)のケープなど合わせると、それだけで優に100万ドル(約8,000万円)を超えるらしい。(1ドル80円計算)

vhicle 一番高いのは空飛ぶバットモービルで6,000万ドル(約48億円)。この価格は米国海軍V-22オスプレイを参考にしているとのこと。銃器類は1万ドル(約80万円)ちょっとと比較的お手頃。そのほか、機械工学を修めるための学費、武器や乗り物を使いこなすためのトレーニング費、ウェイン邸や隠れ家である洞窟の維持費、そして執事アルフレッドへの給料なども合わせて、実際バットマンになるためのコストは6億8,245万750ドル(約545億9,606万円)也!

このコストに対抗するのがアイアンマン。ブルース・ウェインもお金持ちだが、天下の道楽者トニー・スタークはその上をいっている。実際アイアンマンになるためのコストはなんと16億1,271万7,000ドル(約1,290億1,736万円)! ゴールドチタンでできたアイアンマンのスーツ、ヘルメット、トニーの命綱である胸部アーク・リアクターなど、スーツ系のみで1億ドル(約80億円)を超えている。

ironmanこのほか、トニーの右腕ともいえるコンピューターのジャービスが約1,000万ドル(約8億円)、2,500万ドル(20億円)のスターク邸、トニーの乗り回す高級スポーツカー数台の値段も総コストに含まれている。スーパーヒーローたるものカッコいい車を持つことは必須条件のようだ。しかし、必要コストや持ち物からいってバットマンはアイアンマンのようなボンボン的な軽さがなく、かなり堅実。コストの差がこの二大ヒーローの性格を反映しているといえる。

また『アベンジャーズ』には悪者たちとの大バトルの末にニューヨークがぼろぼろに破壊されてしまうシーンがあるのだが、リサーチ会社KACがその際の被害総額は約1,600億ドル(約12兆円)に上ると発表したことがあった。スーパーヒーローに掛かるコストもしかり、こうして実際に金額を当てはめてみると、映画の中の出来事がやけにリアルに感じられてくるから不思議なものである。

参考サイト:シマネトゥディ

酒に酔って酒瓶で悪人を殴る「酔って酒瓶で頭を殴るマン」が活躍するアメコミ「HITMAN」

Kotaku_201306_hitman_japanese_translation_3

お話の舞台は「バットマン」と同じゴッサム・シティ

沢山の能力を持ったヒーロー達が存在するアメコミの世界ですが、ちょっと変わったヒーローがいるのはご存知でしょうか。先日、日本での発売が決まった「HITMAN」というアメコミの中で「酔って酒瓶で頭を殴るマン」をリーダーに、「犬溶接マン」や「痰吐くマン」などが活躍する「セクション8」というヒーローチームが存在するんです。

漫画「HITMAN」の内容は、エイリアンに噛まれたことでテレパシーと透視能力を得て超人専門の殺し屋となった「HITMAN」ことトミー・モナハンの活躍を描く作品です。その中に登場するのが「セクション8」の面々なのですが…。今回は少しだけ、登場人物の紹介をしてみましょう。

228px-Sixpack_03■「酔って酒瓶で頭を殴るマン」(シックスパック)

その名の通り「酔って酒瓶で相手の頭を殴る」スーパーパワーを持ったヒーローです。もしかすると、「自分の友人かな…」と心当たりがある方もいるかもしれませんが、彼はどんな相手でも「酔って酒瓶で相手の頭を殴る」ことができるそうです。

 

121px-Dogwelder_002■犬溶接マン(ドッグウェルダー)

犬の死体を悪人の顔に溶接することができる」スーパーパワーを持ったヒーローです。もちろん犬を溶接された悪人は、そのまま死んでしまいます。常に溶接マクスをつけているので、無言なキャラクターだそうです。

その他にもフランスパンを武器にしている「フランス人マン」や、手から出る、強力なビームが必ず味方に当たる「誤射マン」「変態性欲マン」などがセクション8に所属をしています。

 

参照サイト:GIZMODE

レオナルド・ディカプリオ、初のアメコミ映画化作品で悪役を演じる?

IntheLineofFire

レオナルド・ディカプリオが新作『In the Line of Fire』(原題)に出演するかもしれない。ディカプリオはマーク・ミラーとデイヴ・ギボンズによるコミック本シリーズをマシュー・ヴォーンが映画化する同アクション・スリラー作で、コリン・ファースと共演すると報じられている。

Mark-Millar-The-Secret-Service-issue-1ディカプリオが演じる可能性があるのは、コリン扮するシークレット・エージェントに敵対する悪役で、もし出演契約が結ばれた場合、ディカプリオにとって初のコミック本映画化作品出演となる。ある関係者は英「The Sun」紙に「レオは悪役に完璧ですよ。なかなかコミック本の映画化とは通常縁のない彼ですが、今回の作品は素晴らしく適任になりそうですね」と明かした。

本作は、問題児をジェームズ・ボンドさながらの洗練されて魅力的なシークレット・エージェントに更生させるイギリスのスパイ養成学校に叔父によって入れられてしまったロンドンのある不良少年を中心に描かれる作品だ。コリンは主人公の甥にスパイ取引の技術を叩き込む叔父を演じる見込みで、2009年公開のヒット作でマシューが監督を手がけた『キック・アス』に出演したアーロン・テイラー=ジョンソンが本作から降板して以来、現在そのほか主要キャストのキャスティングが行われているという。

11

また、『キック・アス』でもコンビを組んだ監督のマシューと脚本家のジェーン・ゴールドマンが共同で本作の脚本を執筆している。

そんな新作『In the Line of Fire』は2014年11月に公開予定だ。

参照サイト: cinemacafe  2013年6月5日

自由と正義は勝ち取るものだ!「Vフォー・ヴェンデッタ」と「アノ二マス」の関係

pto_OS_shadow_114

皆さんは、ハッカー集団「アノ二マス」をご存知でしょうか?
政府や企業のウェブサイトを標的に攻撃を行なっているハッカー集団です。

anonymous

最近も日本政府に対して捕鯨反対のメッセージを出して、TVなどで報道されていました。

やっていることはサイバーテロなのですが、愉快犯ではなく、独自の思想に基づいて行動しているという意味で、最近ではハクティビスト(hacktivist)という文脈で報道されることがあります。

※hacktivistはハッカー(hacker)と活動家(activist)を組み合わせた新語

彼らがよく身に着けている仮面は歴史上の人物、ガイ・フォークスの顔を模したもので、映画「Vフォー・ヴェンデッタ(V for Vendetta)」(アメコミが原作・監督はジェームズ・マクティーグ、脚本は『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟)に登場する主人公がかぶっていたものです。

「アノ二マス」がガイ・フォークス仮面をかぶる理由は、「Vフォー・ヴェンデッタ(V for Vendetta)」のテーマやヒーロー像と関係があるようです。

「Vフォー・ヴェンデッタ」の中心的なテーマは、「崇高な目的(国の管轄であれ、個人の自由であれ)のためなら、非道な行為も正当化されるのか?」というものであり、“V自身も単純なスーパーヒーローなどではなく、「正統なアナーキズムの推進者」および「無秩序としてのアナーキズムの推進者」そして「ステレオタイプのテロリスト」といった要素が混在しています。

『Vフォー・ヴェンデッタ』(V for Vendetta)の原作コミックについて

『Vフォー・ヴェンデッタ』(V for Vendetta)は、アラン・ムーアがストーリーを担当し、デヴィッド・ロイドがアートを(ほぼ全て)担当したコミック作品。

内容は陰惨な近未来のイギリスの社会を舞台に、全体主義の政府を破壊するために暗躍する1人のアナーキスト”V”と、彼に人生を左右される人々の姿を描いている。タイトルは、「Vendetta(復讐)のV」の意味。

VforVendetta『Vフォー・ヴェンデッタ』は当初、イギリスのコミック雑誌『ウォリアー』(Warrior)に1982年から1985年にかけて白黒の作品として連載された。なお、ムーアの初期の代表作『マーベルマン(ミラクルマン)』も同時期に連載されている。

『Vフォー・ヴェンデッタ』というタイトルは編集長のデズ・スキンがつけたものだということです。また主人公の”V”の外見は、近代的な警察官の制服をもとにしたデザインが予定されていたが、ロイドの発案により現代版のガイ・フォークスという姿になりました。

シリーズの連載中に『ウォリアー』は1985年に廃刊になったものの、1988年にDCコミックスから今までの話がカラーとなって復刊され、さらに残りの話が追加されて全10巻のミニ・シリーズとなってストーリーは完結を迎えることとなり、現在では2つの短編とともに一冊にまとめられて出版されています。

1970年代後期から1980年代にかけてのイギリスでは、冷戦やサッチャー政権による不況の影響から全体主義をテーマにしたコミックが数多く生まれており、前述の『マーベルマン』や『ジャッジ・ドレッド』などもそれに含まれます。

コミックのスタイルとしては、ロイドの提案によりオノマトペ(擬音)が一切使用されていない。またムーアがこの作品から使いはじめた、緻密に絡み合って進んでいく複数のプロット、様々な象徴が隠されたアートのデザイン、文学からの引用や言葉遊びといった手法は、後の彼の代表作『ウォッチメン』でも多分に使われることになります。
また”V”とイヴィーの関係などが『オペラ座の怪人』と似ているという指摘もあります。

「Vフォー・ヴェンデッタ」予告編
YouTube Preview Image

参考サイト:Wikipedia

V for Vendetta Mask ヴェンデッタマスクのためのV♪ハロウィン♪サイズ:One SizeV For Vendetta - Deluxe 13 Inch Collector Figure: V