人気海外ドラマ『リベンジ』、マーベルがコミック化!主人公エミリーの秘密が明らかに – クランクイン!

人気海外ドラマ『リベンジ』、マーベルがコミック化!主人公エミリーの秘密が明らかに
クランクイン!
日本でも放送&DVD発売され、真田広之が出演したことでも話題の海外ドラマ『リベンジ』が、人気アメコミヒーローを生んだ米マーベルにてコミック化されることが発表された。 続きを読む ». 【関連】<インタビュー>真田広之&E・ヴァンキャンプが復讐劇「リベンジ」を語る!「正義が 

and more »

映画『キック・アス』の最強美少女ヒット・ガール再び! 演じるクロエちゃんの魅力とは – エキサイト: ニュース

映画『キック・アス』の最強美少女ヒット・ガール再び! 演じるクロエちゃんの魅力とは
エキサイト: ニュース
本作は2010年に公開された『キック・アス』の続編で、『スパイダーマン』や『アイアンマン』のようにアメコミ原作ながら、際立った能力も、強烈な個性もない青年が主人公の映画です。 前作の日本公開は当初、4館だけでしたが、クチコミで話題となり、最終的には70館以上の劇場で 

and more »

「300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~」6月20日全国公開、特報とポスターも – アニメ!アニメ!Anime Anime

「300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~」6月20日全国公開、特報とポスターも
アニメ!アニメ!Anime Anime
原作はアメコミ界の巨匠フランク・ミラーによるグラフィック・ノベル「クセルクセス(Xerxes)」。脚本は前作の監督ザック・スナイダーとカート・ジョンスタッドが手掛けた。監督はノーム・ムーロが務める。 [高橋克則] 『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』 6月20日(金)全国ロード 

and more »

全米最大のコスプレ大会目指す シカゴで4月開催を発表 アメコミからアニメまでOK – KAI-YOU.net

全米最大のコスプレ大会目指す シカゴで4月開催を発表 アメコミからアニメまでOK
KAI-YOU.net
シカゴで4月25日から27日まで開催される大型ポップカルチャーイベントのシカゴ・コミック&エンタテインメント エキスポ(The Chicago Comic & Entertainment Expo:C2E2)が、全米最大級を謳うコスプレ大会を開催する。大会は「The C2E2 Crown Championships of 

海外で大人気のアキバ系アイドル「でんぱ… – 日経トレンディネット

海外で大人気のアキバ系アイドル「でんぱ…
日経トレンディネット
[画像のクリックで拡大表示]. えいたそ: カリフォルニアのサイン会で「でんぱ組.incは私が一番好きな日本のヒロインだ」と声をかけられました。(アメリカはアメコミの影響で)ヒーロー、ヒロイン像を追い求める文化があると思うので、そのイメージで見てもらえたのがうれしかった。

and more »

アメコミ風の似顔絵でiPhoneケースが作れるサービス – ケータイ Watch


プレスリリース ゼロ (プレスリリース)

アメコミ風の似顔絵でiPhoneケースが作れるサービス
ケータイ Watch
沖縄にあるWeb制作会社のプロトデータセンターは、同社で無料提供している似顔絵アプリ「Like me! 似顔絵をつくろう-アメコミ風」iPhone版で作成したデザインを、iPhoneケースにプリントできる受注販売サービス「Like me! オリジナル iPhoneケース」を提供開始した。価格は、 
【似顔絵アプリLike me!】自分デザインのiPhoneケースを簡単に作れる新サービス開始プレスリリース ゼロ (プレスリリース)

all 0 news articles »

【興行トレンド】自社製作と他社製作が入り乱れ、今年も続々公開のアメコミヒーローもの – MOVIE Collection [ムビコレ]

【興行トレンド】自社製作と他社製作が入り乱れ、今年も続々公開のアメコミヒーローもの
MOVIE Collection [ムビコレ]
[ムビコレNEWS] ハリウッド大作を担う“アメコミヒーローもの”。その原作元となる2大出版社がDCコミックとマーベルだが、毎年新作映画が公開され、今勢いがあるのがマーベルだ。2012年には、ヒーロー4人が一堂に会した『アベンジャーズ』、リブートされた『アメイジンング・ 

and more »

映画関係者が語る『キック・アス』ヒットのワケとは – MSN エンターテイメント

映画関係者が語る『キック・アス』ヒットのワケとは
MSN エンターテイメント
アメコミ映画に詳しいライターの杉山すぴ豊氏によれば、コミックヒーローに感化された少年の話に青春ドラマを絡めた本作は「単なるアメコミヒーロー物とは違う」とのこと。『ガメラ』シリーズや『DEATH NOTE デスノート』を手掛けた金子修介監督も、「モテない、体力のない若者が 

and more »