YouTube」タグアーカイブ

YouTubeで一番人気のアメコミ・ヒーロー発表

YouTubeは8月4日(現地時間)から10日まで、オタク系のコンテンツやチャンネルを1週間にわたって紹介する「Geek Week」を開催するが、その一環としてYouTube上での検索回数を基に、アメリカン・スーパーヒーローの人気ベスト10を発表。名だたる強豪を抑えて、バットマンが1位に輝いた。

 先日、スーパーマンとバットマンがスクリーン上で競演する『マン・オブ・スティール』(13)続編の製作が発表されたが、YouTube上ではスーパーマンよりもバットマンの人気が上回っている模様。バットマンの合計再生回数は30億回、動画再生時間は7万1000時間に達した。

batman_a021

続いて2位は北欧神話の神をベースにしたソー。スーパーマンは3位に落ち着いた。

今回の集計はYouTube上にアップされているスーパーヒーロー関連の映画予告動画、ビデオゲーム動画、ファン作成の動画を合わせた数で成り立っており、集計対象期間は2008年1月から2013年8月。

映画予告動画だけが対象ではないが上位8位のスーパーヒーローたちは既に映画化されており、ジャスティス・リーグに関しても映画化が決定。10位のデッドプールは『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(09)でライアン・レイノルズが演じていたヒーローだが、予てよりファンの間で映画化を望む声があり、今回のランキング入りで映画会社が動く可能性がなきにしもあらずといったところだろうか。

「YouTubeで最も人気のスーパーヒーロー」トップ10は以下の通り。(キャラクター名/合計再生回数/合計再生時間)

1位 バットマン/30億回/7万1000時間
2位 ソー/21億回/6万6000時間
3位 スーパーマン/17億回/1万4000時間
4位 アイアンマン/14億回/2万時間
5位 アベンジャーズ/10億回/3万1000時間
6位 ウルヴァリン/5億4000万回/7800時間
7位 スパイダーマン/3億4000万回/7400時間
8位 キャプテン・アメリカ/2億8000万回/4900時間
9位 ジャスティス・リーグ/2億2000万回/3200時間
10位 デッドプール/2億回/8900時間

参考サイト:クランクイン

DC Comics VARIANT プレイアーツ改–KAI バットマン™ (完成品・アクションフィギュア)

DC Comics VARIANT プレイアーツ改–KAI バットマン™ (完成品・アクションフィギュア)