marvel」タグアーカイブ

ヴィン・ディーゼル、「アベンジャーズ」加入?マーベルからミーティング要請!

vin_diesel_19_cs

映画『ワイルド・スピード』シリーズのヴィン・ディーゼルが、アメコミヒーロー作品でおなじみの米マーベルから、ミーティングの要請があったことを自身のFacebookで明かしている。

現地時間26日にディーゼルは「マーベルからミーティングをしたいってリクエストがあった……何のためかは全くわからないな」と投稿。「はは、多分みんなのほうが俺より詳しいんじゃないか?」と冗談めかしてつづっており、詳細は明らかになっていない。

映画『アベンジャーズ』の続編に加え、エドガー・ライト監督の『アントマン(原題) / Ant-Man』、また2016年と2017年にタイトル未定の新作を公開することを発表しているマーベル。ディーゼルへの提案が出演オファーとは限らないが、ファンの間では、その内のどれかで新ヒーローを演じるのでは……という予測を生んでおり、本国でも話題になっている。早ければ2015年公開予定の『アベンジャーズ』続編で、その勇姿を目にできるかもしれない。

ディーゼルは、人気主演シリーズ最新作『ワイルド・スピード EURO MISSION』の日本公開が間近。当たり役に復帰した『リディック(原題) / Riddick』の全米公開も控えている。

参考サイト;シネマトゥデイ

日本人が主役のアメコミヒーローアニメ化「Big Hero 6」?

米ウォルト・ディズニーのアニメ工房であるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが、マーベルコミックの「Big Hero 6」を映画化することになったと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

「Big Hero 6」は、日本政府が組織したスーパーヒーローチームの活躍を描く物語で、侍やロボット、ファッションに至るまで日本文化への愛に満ちた作品だ。2009年にマーベルを買収して以来、ディズニーは系列局のディズニーXDで「スパイダーマン」や「アベンジャーズ」のアニメ放送を行っていたが、マーベル作品をディズニーがアニメ映画化するのは今回が初となる。

大のコミック好きで知られるドン・ホール監督(「くまのプーさん」)は、大量にあるマーベルのライブラリーのなかから「Big Hero 6」を発掘。同社でチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるジョン・ラセター監督に映画化をプレゼンし、自らメガホンをとることになったという。14年11月7日に全米で公開予定。

参考サイト;映画.com ニュース

Big-Hero-6-Comic-Book-new

『アベンジャーズ』のスピンオフ『S.H.I.E.L.D.』、ドラマ化決定!

130311ktshield

この夏日本でも劇場公開され大ヒットとなっている映画『アベンジャーズ』。この映画に登場する国際平和維持組織シールド(S.H.I.E.L.D.)を舞台にしたTVドラマのパイロット版が制作されることがわかった。

米TV Lineによると、このパイロット版を制作するのは、映画『アベンジャーズ』でメガホンを取ったジョス・ウェドン監督。映画では地球の侵略を目論む邪悪な神ロキと戦うため、7人のスーパーヒーローたちがアベンジャーズを結成するが、このアベンジャーズ計画はS.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリーの命によるもの。ウェドン監督はこのS.H.I.E.L.D.にスポットを当て、映画に引き続きTVシリーズでもマーベル・コミックの世界観を描くようだ。

そうなると気になるのはキャスティング。映画でサミュエル・L・ジャクソンが演じたフューリー長官は誰が演じることになるのか。また、マーベル・コミックのキャラクターが登場することはあるのかなども見どころのひとつとなるだろう。

詳細はまだ何も決定していないが、すでにABCがこのパイロット版をオーダーしていることもあり、ウェドン監督は早急に弟のジェド・ウェドンらとともに脚本の執筆に取り掛かるという。『ドールハウス』や『バフィー~恋する十字架~』シリーズなどTVドラマはお手のもののウェドン監督。ぜひともS.H.I.E.L.D.がTVシリーズ化されることを期待したい。

参考サイト:海外ドラマNAVI