ジョーカー」タグアーカイブ

ヒース・レジャーは元々バットマン役で『ダークナイト』にキャスティングされていたらしい

ヒース・レジャーは元々バットマン役で『ダークナイト』にキャスティングされていたらしい

今となっては想像するのが非常に難しいですが、クリストファー・ノーラン監督は最初、ヒース・レジャーにジョーカー役では無くバットマン役のオファーをしたんだそうです。しかし、レジャーは「そういうタイプの映画はやったことが無いからなぁ」と気のない返事をしたと、Film Society of Lincoln Centerのゲストに登場したノーラン監督が明かしました。

ところがジョーカー役を打診すると、レジャーは食いついて来たんだそうです。

以下からその他のノーラン監督の発言をどうぞ。

Gothamistに掲載されたノーラン監督のインタビューによると、同氏は『バットマン』を3部作にしようなんて露程も思っておらず、『バットマン ビギンズ』だけで終わりにしようと考えていたとのこと。続編を考え始めたのは、映画の最後に登場させたジョーカーのカードのことを考え始めた『ビギンズ』公開から数ヶ月後だったそうです。また、ノーラン監督は何故3Dが嫌いなのかということにも言及(簡潔に言うと、映画を見ているというのだということをずっと思い出させるから)し、『バットマン』は決してリアリズムではなく、私たちの住む世界に関連づけられたり奇妙なキャラクターを登場させていると説明しました。

より詳しい内容は元ネタのGothamistをどうぞ。

 

スパイダーマン×バットマン! マーベルとDCのキャラクターを合体させて最強のヒーローを作ってみた!

スパイダーマン×バットマン! マーベルとDCのキャラクターを合体させて最強のヒーローを作ってみた
ヒーローは単体でもそれなりの強さを持っていますが、「ここを補えば最強なのに!」って思うことはありませんか? 例えば「アイアンマンのスーツがアーク・リアクター無しで動ければ良いのに……」といった感じです。でも実際には、そういうマイナスポイントがあるから物語に広がりが出るし、盛り上がるんですよね。とはいえ、全能のヒーローやヴィランを見てみたいと思いませんか?

そこで今回は、「io9」が取り上げたマーベルとDCのキャラクターを組み合わせて作った最強のキャラクター達をご紹介します。
130613dcmarvel3 130613dcmarvel2  130613dcmarvel1

130613dcmarvel7

130613dcmarvel4

130613dcmarvel5

130613dcmarvel6

財力と技術力を提供してくれるパートナーを持つバットマンと、スーパーパワーを持つスパイダーマンの組み合わせ。最強ですね。

これらのヒーローを生み出したのは、エリック・ガッツマンさん。ここで紹介している作品の他にも、ガッツマンさんのdeviantARTには沢山のミックスキャラが掲載されています。是非、チェックしてみてください。

参考サイト:kotaku

ジョーカー率いるピエロギャングが怖い…『ダークナイト』の未公開コンセプトアート!

ジョーカー率いるピエロギャングが怖い......『ダークナイト』の未公開コンセプトアート
こんなん見たらピエロ恐怖症になるって!

ダークナイト』の冒頭に登場した、ジョーカー率いるピエロギャング達のお面の設定画が公開されました。映画では明るい場所で撮影されていたのでそこまでの恐ろしさはありませんでしたが、背景がダークになった途端にチビリそうになるくらい怖い!

では、続きでギャラリーをどうぞ。なお、今回のギャラリーは半分くらいがピエロなので苦手な人は覚悟して見て下さいね。

 

121207darknight_concept1121207darknight_concept2121207darknight_concept4121207darknight_concept5121207darknight_concept6121207darknight_concept7121207darknight_concept8121207darknight_concept9121207darknight_concept10121207darknight_concept11121207darknight_concept12121207darknight_concept13121207darknight_concept14121207darknight_concept15121207darknight_concept16121207darknight_concept17121207darknight_concept18121207darknight_concept19121207darknight_concept20121207darknight_concept21

これらはコンセプトアーティストのロブ・ブリスさんが描いた設定画です。彼の個人サイトにはピエロほどでは無いにしろ、他にもおどろおどろしい絵が掲載されていますよ。興味があれば是非チェックしてみて下さい。

参考サイト:kotaku

ダークナイトでジョーカーを演じたヒース・レジャーの日記

ヒースレジャー

映画『ダークナイト』でバットマンの宿敵「ジョーカー」役を演じ、歴史に残る凄まじい演技を魅せてくれたものの、映画の公開前に28歳の若さで事故死してしまったヒース・レジャー

この度、そんな彼がジョーカーの役作り用に綴った日記が発見され、その内容を父が語るドキュメンタリー映像が公開されました。

この動画をアップロードしたユーザーの説明文によると、これはドイツで制作されたTV用ドキュメンタリー『トゥー・ヤング・トゥー・ダイ(原題)』の1シーン。また、フランス語の吹替が行われていますが、説明文によると、ヒース・レジャーの父、キム・レジャーがこのような事を語っているんだとか。
130603ktheath1
原作のジョーカーのスクラップ

 

キム・レジャー「これが「ジョーカー」の日記です。彼は役作りのため、ホテルの部屋に数週間閉じこもっていました。彼はキャラクターの中に入り込んで行くのが好きでしたが、この時は、本当に深く入り込んでいました」

 

130603ktheath2
病院のシーンについて

 

キム・レジャー「病院のシーンは興味深かった。彼が子供の頃、姉のケイトは彼に看護婦の格好をさせるのが好きでした。その姿は面白かった。そして映画の中でもそれをやったんです」

 

130603ktheath3
「BYE BYE」

 

キム・レジャー「これはこの日記を書く8ヶ月前に行われたメイクアップテストの写真です。撮影が終わる前に彼はこのページの裏に『バイバイ』と書き込みました。これを見るのは辛かった」

日記のページにはたくさん書き込みがされており、さらにヒース・レジャーが役作りの参考にしたであろう原作コミックの1コマや、ピエロとハイエナの写真、そして映画『時計じかけのオレンジ』の写真などが貼られています。こんなふうに研究を重ねてあの素晴らしい「ジョーカー」が生まれたんですね。

このドキュメンタリーをソフト化するなどして、日本でも見られるようにならないものでしょうか? IMDbの情報によれば、全編約1時間で、彼の最後の作品となった『Dr.パルナサスの鏡』のテリー・ギリアム監督も出演している模様。見てみたい……。

【ムービー・マスターピース】 『ダークナイト』 1/6スケールフィギュア ジョーカー (銀行強盗)THE DARK KNIGHT TRILOGY プレイアーツ改 ジョーカー (完成品・アクションフィギュア)
ムービー・マスターピース DX ダークナイト 1/6スケールフィギュア ジョーカー

コレ欲しい!バットマン ジョーカー ダークナイトTシャツ

Batman Joker Dark Knight shirt DC comics

JOKER JOKER

アメリカ直輸入正規ライセンス商品コットン100%です。
バットマンのキャラクターの中でも特に人気のあるジョーカーのTシャツです。

続きを読む

バットマン、ダークナイトライジングにもジョーカーはいた!

joker

この記事  とても興味深いです。
『ダークナイト・ライジング』に”ジョーカー”がいた?というものです。

“登場箇所”は2つあって、

①ブルース・ウェインが座っているテーブルの上の本の表紙がジョーカーの写真っぽい
②最後の バットマンの銅像がお披露目になるシーン、上から 撮ったシーンですが、これが、ジョーカーの顔に見える!(銅像の部分がジョーカーの鼻!)

うーん(笑) 。DVD&ブルーレイで確認しましょう(笑)。

ちなみに『ダークナイト・ライジング』のノベライズ版だと ”デント法で出来た刑務所=映画の中でベインたちが襲う刑務所が 出来た際、アーカム・アサイラムに収容されていた囚人たちは すべてそこに移されたたが、一人だけ移されなかった男がいる” という秘話が語られ、その男こそジョーカーということを匂わせているそうです。

参考サイト: すぴ’s アメコミヒーロージャングル

THE DARK KNIGHT TRILOGY プレイアーツ改 ジョーカー (完成品・アクションフィギュア)【ムービー・マスターピース DX】『ダークナイト』 1/6スケールフィギュア ジョーカー(2.0版) (2次出荷分)【ムービー・マスターピース】 『ダークナイト』 1/6スケールフィギュア ジョーカー (銀行強盗)