アメコミヒーロー」タグアーカイブ

スパイダーマン×バットマン! マーベルとDCのキャラクターを合体させて最強のヒーローを作ってみた!

スパイダーマン×バットマン! マーベルとDCのキャラクターを合体させて最強のヒーローを作ってみた
ヒーローは単体でもそれなりの強さを持っていますが、「ここを補えば最強なのに!」って思うことはありませんか? 例えば「アイアンマンのスーツがアーク・リアクター無しで動ければ良いのに……」といった感じです。でも実際には、そういうマイナスポイントがあるから物語に広がりが出るし、盛り上がるんですよね。とはいえ、全能のヒーローやヴィランを見てみたいと思いませんか?

そこで今回は、「io9」が取り上げたマーベルとDCのキャラクターを組み合わせて作った最強のキャラクター達をご紹介します。
130613dcmarvel3 130613dcmarvel2  130613dcmarvel1

130613dcmarvel7

130613dcmarvel4

130613dcmarvel5

130613dcmarvel6

財力と技術力を提供してくれるパートナーを持つバットマンと、スーパーパワーを持つスパイダーマンの組み合わせ。最強ですね。

これらのヒーローを生み出したのは、エリック・ガッツマンさん。ここで紹介している作品の他にも、ガッツマンさんのdeviantARTには沢山のミックスキャラが掲載されています。是非、チェックしてみてください。

参考サイト:kotaku

みんなの知らないアメコミヒーローのひみつ!

           スーパーマンの呪い

imagesスーパーマン役を演じた俳優ジョージ・リーヴスとクリストファー・リーヴの身の上に起こった有名な災厄により、スーパーマンの呪いはポップ・カルチャーの間である程度広く知られている。

別の情報源は、バド・コリヤーやテリー・ハッチャーなど複数の俳優がスーパーマン作品と関わった後に成功を収めている事実や、個々の「呪い」はそれが起こった分野で起こりがちな災厄であることを理由に、スーパーマンの呪いの存在を否定している。

それにも関わらず、このジンクスは多数の映画俳優の間で真剣に受け止められており、幾人かは数百万ドルの出演料を提示されても新作のスーパーマン映画への出演を断った。

         ウルヴァリン初登場時は『敵』

inchulk181

ウルヴァリンが最初に登場したのはレン・ウェイン原作、ハーブ・トリンプ作画の「超人ハルク」#180(カバーの日付では1974年10月)の最後のコマである。

 

 

 

 

 

        

 

           ウルヴァリンの子共

95mxk

息子。漢字で書くと「駄犬」。

記憶が混乱しているのも父親似。超人的身体能力に加え、ヒーリングファクター、両腕に三本ずつのボーンクロー(手の甲側から二本、手首から一本のクローが生えている点がウルヴァリンと違う)を持つ。

 

 

 

 

続きを読む

街の平和を守る、リアル・ライフ・スーパーヒーロー!

real-life-superheroes

常軌を逸したリッチマンだとか宇宙人だとかミュータントだとか特殊なクモに刺されたとか、そんな特別な出自を持たない一般人だけど、実社会でのスーパーヒーローを目指している人たちがいます。

それを『リアルライフ・スーパーヒーロー(RLSF)』というのだそうですが、志はともかく一歩間違えば単なる危ない人なんじゃないかと。

01.アングルグラインダーマン

reallife superheros 5120
アングルグラインダーマンは自称スーパーヒーロー。タイヤをクランプされている不幸なドライバーを探して深夜のパトロールを行う彼は、グラインダーを使って車を救出する、英国のドライバー達の味方です。
02.ダークガーディアン

reallife superheros 5121
ダークガーディアンは市民生活を守る夜のスーパーヒーロー。仲間のファントム・ゼロやライフ達とともに犯罪と戦い、慈善事業の仕事や病院の訪問、学校での会談などを通じてコミュニティを守っています。

03.ポーラーマン

reallife superheros 5115

イヌイット伝説ポーラーベアの化身であるポーラーマンは、カナダの深い雪の中に現れて、年配者のための歩道をすっきりさせたりコミュニティ・イベントに参加したり、子供たちの遊び場を整えるなどしています。

04.ブラックマンデー・ソサエティー

reallife superheros 5116

ソルトレークシティの通りをパトロールする彼らにティーンエイジャーは撮影を求めたり、老人たちは無視したりします。恐ろしげな外見に似合わず目的をオープンにしている彼らは、通りの安全を維持したりホームレスを養うのを手伝ったりしているようです。

05.ゼータマン

reallife superheros 5119

ゼータマンはポートランドの夜の町の決まったコースをパトロールていますが、これまでだれかを逮捕したことはありません。その多くは恵まれない人たちに食糧などを手渡す利他的な行為に費やされ、今ではゼータ部隊を広げるまでに地域に溶け込んでいます。

06.キャプテン・オゾン

reallife superheros 5117

キャプテン・オゾンは2039年からやってきたタイムトラベラーで、不幸な未来を救う任務を行うために現代の地球にやってきました。絶滅危惧種を保存して、再生可能エネルギーと環境芸術を推進するために、キャプテン・オゾンは今日もヘンプオイル(麻油)で動くパワーチェーンソーをふるいます。

07.シチズン・プライム

reallife superheros 5118

市民首相の名前を持つシチズンプライムは、自らのバットモービル・日産のX-Terraと携帯電話を武器に、悪事を見つけると写真を撮り、警察へ通報します。しかし多分、サークルKのまわりでウロついているティーンエイジャーを通報するために、4,000ドルのスーツは必要としません。

08.スーパーバリオ・ゴメス

reallife superheros 5113

プロレスラーのようなコスチュームのゴメスはメキシコの高校を中退しており、バイオレンスで犯罪や腐敗と戦うというよりは、労働者集会と抗議行動により嘆願書をファイルするために自らのイメージを使います。
1996年にスーパーバリオ・ゴメスは米国大統領の候補であると勝手に宣言して、アメリカ合衆国とメキシコでの模擬選挙集会を開きました。

09.キャピタルシティ・スーパースクワッド

reallife superheros 5114

キャピタルシティ・スーパースクワッドはワシントンDCの労働者を助けるためにスーパーヒーローのアイデンティティを使用しているボランティア団体です。
彼らは彼らの活動を行うために常に新しいメンバーを探しており、メールを送ることで誰でもスーパーヒーローになることができます。

10.エントモ

reallife superheros 5122

エントモは環境とナポリの市民を守るために生まれた昆虫探偵。生けるすべての生き物の代表であると主張しています。

11.フェニックス・ジョーンズ

フェニックス・ジョーンズは警棒と催涙スプレーを武器にシアトルの夜の平和を守っている。新年早々に車上荒らしを取り逃がした彼は、まさにシアトルの守護神だ。

YouTube Preview Image
参考サイト:biog-bu

実際のスーパーヒーローになるには、いくらかかるの?

ironman誰もが気になる「実際スーパーヒーローになるにはいくら必要?」という疑問に答えたYou’re So MoneySupermarketの特集が話題になっている。今回取り上げられたのは、この夏の超大作『ダークナイト ライジング』と『アベンジャーズ』からそれぞれバットマン(ブルース・ウェイン)とアイアンマン(トニー・スターク)だ。

batmanまずはバットマンのスーツ。頭を守るバットヘルメット(頭巾とも言われるが……)、網膜プロジェクション装置、そしてメモリー・クロス・ポリマーなる特殊生地でできている4万ドル(約320万円)のケープなど合わせると、それだけで優に100万ドル(約8,000万円)を超えるらしい。(1ドル80円計算)

vhicle 一番高いのは空飛ぶバットモービルで6,000万ドル(約48億円)。この価格は米国海軍V-22オスプレイを参考にしているとのこと。銃器類は1万ドル(約80万円)ちょっとと比較的お手頃。そのほか、機械工学を修めるための学費、武器や乗り物を使いこなすためのトレーニング費、ウェイン邸や隠れ家である洞窟の維持費、そして執事アルフレッドへの給料なども合わせて、実際バットマンになるためのコストは6億8,245万750ドル(約545億9,606万円)也!

このコストに対抗するのがアイアンマン。ブルース・ウェインもお金持ちだが、天下の道楽者トニー・スタークはその上をいっている。実際アイアンマンになるためのコストはなんと16億1,271万7,000ドル(約1,290億1,736万円)! ゴールドチタンでできたアイアンマンのスーツ、ヘルメット、トニーの命綱である胸部アーク・リアクターなど、スーツ系のみで1億ドル(約80億円)を超えている。

ironmanこのほか、トニーの右腕ともいえるコンピューターのジャービスが約1,000万ドル(約8億円)、2,500万ドル(20億円)のスターク邸、トニーの乗り回す高級スポーツカー数台の値段も総コストに含まれている。スーパーヒーローたるものカッコいい車を持つことは必須条件のようだ。しかし、必要コストや持ち物からいってバットマンはアイアンマンのようなボンボン的な軽さがなく、かなり堅実。コストの差がこの二大ヒーローの性格を反映しているといえる。

また『アベンジャーズ』には悪者たちとの大バトルの末にニューヨークがぼろぼろに破壊されてしまうシーンがあるのだが、リサーチ会社KACがその際の被害総額は約1,600億ドル(約12兆円)に上ると発表したことがあった。スーパーヒーローに掛かるコストもしかり、こうして実際に金額を当てはめてみると、映画の中の出来事がやけにリアルに感じられてくるから不思議なものである。

参考サイト:シマネトゥディ

もしアメコミのスーパーヒーローに企業スポンサーがついたらこうなる

バットマン+ナイキ あまり違和感が感じないbcc9e7bd8e7c76ed26e5ff8baf37d0ba
アイアンマン+マクドナルド トニーは、金持ちだからスポンサーはいらないかも
993b4423c8386d05918230c1b7531edf
79989fbbf2dd7ce3ec15c4e9b1d7c8b3
キャプテンアメリカ+バーガーキング
153ecf4830c1e11e5babda3e0b2c6ba4
各社のコカ・コーラ勢揃い
ed9ebbce8f48539ad418af0d23e12d4c
013
アメリカの貨物運送会社usp(ユナイデット・パーセル・サービス)、荷物まで持ってます
d672b59bed3ae7ca198dfe8a3c96bf12
レッドブル+ザ・フラッシュ こちらもバットマン同様違和感がない
016018
かなり愛称のいい「モンスターエナジー」とハルク
0a2463e32b1337a55c1817edb91c5fa7
アルマーニ+スーパーマン
649505fe8aef9905de460da2fe78cc98
アップル+シルバーサーファー
026
「マイクロソフト」とギャラクタス
ed0926af77974ebb82789058e8975659
3本ラインの「アディダス」とウルヴァリン7c127b6364ecce7de6b01e430afa3cc9