バットマン」タグアーカイブ

YouTubeで一番人気のアメコミ・ヒーロー発表

YouTubeは8月4日(現地時間)から10日まで、オタク系のコンテンツやチャンネルを1週間にわたって紹介する「Geek Week」を開催するが、その一環としてYouTube上での検索回数を基に、アメリカン・スーパーヒーローの人気ベスト10を発表。名だたる強豪を抑えて、バットマンが1位に輝いた。

 先日、スーパーマンとバットマンがスクリーン上で競演する『マン・オブ・スティール』(13)続編の製作が発表されたが、YouTube上ではスーパーマンよりもバットマンの人気が上回っている模様。バットマンの合計再生回数は30億回、動画再生時間は7万1000時間に達した。

batman_a021

続いて2位は北欧神話の神をベースにしたソー。スーパーマンは3位に落ち着いた。

今回の集計はYouTube上にアップされているスーパーヒーロー関連の映画予告動画、ビデオゲーム動画、ファン作成の動画を合わせた数で成り立っており、集計対象期間は2008年1月から2013年8月。

映画予告動画だけが対象ではないが上位8位のスーパーヒーローたちは既に映画化されており、ジャスティス・リーグに関しても映画化が決定。10位のデッドプールは『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(09)でライアン・レイノルズが演じていたヒーローだが、予てよりファンの間で映画化を望む声があり、今回のランキング入りで映画会社が動く可能性がなきにしもあらずといったところだろうか。

「YouTubeで最も人気のスーパーヒーロー」トップ10は以下の通り。(キャラクター名/合計再生回数/合計再生時間)

1位 バットマン/30億回/7万1000時間
2位 ソー/21億回/6万6000時間
3位 スーパーマン/17億回/1万4000時間
4位 アイアンマン/14億回/2万時間
5位 アベンジャーズ/10億回/3万1000時間
6位 ウルヴァリン/5億4000万回/7800時間
7位 スパイダーマン/3億4000万回/7400時間
8位 キャプテン・アメリカ/2億8000万回/4900時間
9位 ジャスティス・リーグ/2億2000万回/3200時間
10位 デッドプール/2億回/8900時間

参考サイト:クランクイン

DC Comics VARIANT プレイアーツ改–KAI バットマン™ (完成品・アクションフィギュア)

DC Comics VARIANT プレイアーツ改–KAI バットマン™ (完成品・アクションフィギュア)

2大ヒーロー初共演へ=スーパーマンとバットマン

character_bio_576_justiceleague

米人気漫画のヒーロー「スーパーマン」と「バットマン」が実写映画で共演することが決まった。スーパーマン・シリーズ最新作「マン・オブ・スティール」を製作したザック・スナイダー監督が20日発表。米CNNテレビなどが伝えた。

CNNによると、2大ヒーローの共演は初めて。
スナイダー監督は「世界最高のヒーロー2人が対決するなんて、まるで神話だ」と喜んだ。
AFP通信によると、映画の撮影は来年開始し、2015年半ばに公開される見通し。

参考サイト: 時事ドットコム 2013/07/21

もし、スーパーヒーローがおデブだったら!

スマートでかっこよく力強い正義の味方、それがスーパーヒーローのあるべき姿ですが、今回紹介するのは「もし、アメコミのスーパーヒーローたちが超アメリカンサイズだったら?」がコンセプトのイラストです。まんまるに太っっている、はっきりというとかなりメタボなスーパーヒーローたち。

1. スーパーマン。クレーン車につられている……

2. バットマン

3. ロビン(バットマン)

4. ザ・フラッシュ

5. 

これらのイラストはメキシコのイラストレータ Carlos Dattoli 氏の作品です。

参考サイト:dna

助けられたいスーパーヒーローは、誰?トップ10!

6月14日から全米公開されている『マン・オブ・スティール』(日本8月30日公開)では、歴史あるアメコミヒーローの新生スーパーマンに、イギリス人俳優であるヘンリー・カヴィルが抜擢されたことが大いに話題となっているが、6月初旬に米食品大手モンデリー・インターナショナルの子会社で英飲料水・菓子メーカーのキャドバリー社が、イギリス人男女1000人に助けられたいスーパーヒーローのアンケート調査を実施した。

その結果、25%の人がスーパーマンを挙げたことがわかった。これについて、同社広報は「同作はイギリスでもこの週末に封切られており、空も飛べるクラーク・ケントに、イギリスでフィーバーが吹き荒れている結果だ」と分析している。

僅差で2位になったのは、1975年にスタートした米人気テレビシリーズの主人公ワンダーウーマン(24%)、3位はイギリス人俳優クリスチャン・ベールが演じたバットマン(10%)、4位はロバート・ダウニー.Jr.扮するアイアンマンと、『Xメン』リーズでヒュー・ジャックマン扮するウルヴァリン(7%)だった。

以下、6位はアンドリュー・ガーフィールド扮するスパイダーマン(6%)、7位はクリス・へムズワース扮するソー(5%)、8位はマーク・ラファロ扮するハルク(4%)、9位は1930年代に連続活劇として映画化されたフラッシュ・ゴートン(3%)、10位はクリス・エヴァンス扮するキャプテン・アメリカ(2%)という結果になった。

1位 スーパーマン

superman-man-of-steel-set-photo-costume-henry-cavill-01

2位 ワンダーウーマン

201505_400

3位 バットマン

201506_400

4位 アイアンマンとウルヴァリン

201508_400

201507_400

 

 

バットマン逮捕!

20110516arrestedbatman.jpg
ヒーローに憧れるのは罪ですか?

彼の名はMark Wayne Williamsさん、31歳。バットマンのコスプレをし、ビルにぶら下がっていたところ見つかって逮捕されてしまいました。不法侵入と危険物所持の罪で逮捕されたそうですが、Markさんが持っていたのは、バトンとペッパースプレーと手袋。
それにしてもなんでコスプレで? 何してたのでしょう? Kick Assという映画では、主人公が「なぜあんなに憧れるヒーローに誰もなろうとしないんだ!」と1人ヒーローを始めます。もしかしたらMarkさんも誰かを助けるためにヒーローを始めていたのかもしれません…。…あ、前にも注意をうけたことがあるようで、その時はの格好をしていたそうです。うぅむ…。
20110516arrestedbatman01.jpg
20110516arrestedbatman02.jpg

参考サイト:gizmodo

ヒース・レジャーは元々バットマン役で『ダークナイト』にキャスティングされていたらしい

ヒース・レジャーは元々バットマン役で『ダークナイト』にキャスティングされていたらしい

今となっては想像するのが非常に難しいですが、クリストファー・ノーラン監督は最初、ヒース・レジャーにジョーカー役では無くバットマン役のオファーをしたんだそうです。しかし、レジャーは「そういうタイプの映画はやったことが無いからなぁ」と気のない返事をしたと、Film Society of Lincoln Centerのゲストに登場したノーラン監督が明かしました。

ところがジョーカー役を打診すると、レジャーは食いついて来たんだそうです。

以下からその他のノーラン監督の発言をどうぞ。

Gothamistに掲載されたノーラン監督のインタビューによると、同氏は『バットマン』を3部作にしようなんて露程も思っておらず、『バットマン ビギンズ』だけで終わりにしようと考えていたとのこと。続編を考え始めたのは、映画の最後に登場させたジョーカーのカードのことを考え始めた『ビギンズ』公開から数ヶ月後だったそうです。また、ノーラン監督は何故3Dが嫌いなのかということにも言及(簡潔に言うと、映画を見ているというのだということをずっと思い出させるから)し、『バットマン』は決してリアリズムではなく、私たちの住む世界に関連づけられたり奇妙なキャラクターを登場させていると説明しました。

より詳しい内容は元ネタのGothamistをどうぞ。

 

もし『ダークナイト・ライジング』の舞台が1930年代の上海だったら…を再現したアニメ(動画あり)

もし『ダークナイト・ライジング』の舞台が1930年代の上海だったら...を再現したアニメ(動画あり)コミコンで紹介された1930年代の上海を舞台にした『ダークナイト・ライジング』のDC Nationカートゥーンが、遂に全貌を明らかにしました。Wolf Smoke Studiosが手掛けた同作では、チャイナドレスインスパイアの衣装に身を包んだキャットウーマンや、やたらデフォルメされたベイン、そしてバットマンが巻物を巡って上海の街を所狭しと大暴れ。それでは以下から3分40秒に渡る動画をどうぞ。

YouTube Preview Image
面白いコンセプト! 実写にしてしまうと『バットマン』の世界観が大きく崩れてしまいそうなので、このままショートアニメでシリーズ化を希望したいところですね。

 

戦争にアメコミヒーローたちが、参戦?

20091019superhero.jpg
各国で兵器ではなく、スーパーヒーロー所持禁止とかがいわれるのでしょうか。

もし、スーパーヒーローが実在していたら、世界で起きた様々な戦いにかり出されていたとしたら。そんな「もし」を写真家でイラストレーターのAgan Harahapさんが作ってみました。
スーパーマンは対ナチスドイツで戦い、スパイダーマンはベルリンでアメリカ兵と共に戦い、バットマンは兵士を指導する将官でしょうか。

あれ、スーパーヒーローシリーズのはずが、ダースベーダーがいますよ。

バットマン

20091019superhero1

 

20091019superhero7

ダースベイダー

20091019superhero3

20091019superhero6

ハルク

20091019superhero4

スパイダーマン

20091019superhero8

参考サイト:GIZMODE