月別アーカイブ: 2013年5月

マイティ・ソー続編公開決定!

16219

「マイティ・ソー2」の全米公開が、2014年2月に早くも決定した。

第1弾はケネス・ブラナー監督、豪イケメン俳優クリス・ヘムズワースが主演。タフで屈強な戦士ソー(ヘムズワース)は、ごう慢さゆえに神々の王オーディンの怒りを買い、地球へと追放されるが、天文学者ジェーンと出会いを通して“真の正義”に目覚めていく。名優アンソニー・ホプキンスがオーディン役を、オスカー女優ナタリー・ポートマンがジェーン役を演じている。

米Deadlineによれば、続編もヘムズワースがソー役で主演する。ブラナー監督は、次回はプロデュース業に専念し、新たな監督が抜てきされるようだ。

参考サイト:映画ドットコム

 

『アベンジャーズ』のスピンオフ『S.H.I.E.L.D.』、ドラマ化決定!

130311ktshield

この夏日本でも劇場公開され大ヒットとなっている映画『アベンジャーズ』。この映画に登場する国際平和維持組織シールド(S.H.I.E.L.D.)を舞台にしたTVドラマのパイロット版が制作されることがわかった。

米TV Lineによると、このパイロット版を制作するのは、映画『アベンジャーズ』でメガホンを取ったジョス・ウェドン監督。映画では地球の侵略を目論む邪悪な神ロキと戦うため、7人のスーパーヒーローたちがアベンジャーズを結成するが、このアベンジャーズ計画はS.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリーの命によるもの。ウェドン監督はこのS.H.I.E.L.D.にスポットを当て、映画に引き続きTVシリーズでもマーベル・コミックの世界観を描くようだ。

そうなると気になるのはキャスティング。映画でサミュエル・L・ジャクソンが演じたフューリー長官は誰が演じることになるのか。また、マーベル・コミックのキャラクターが登場することはあるのかなども見どころのひとつとなるだろう。

詳細はまだ何も決定していないが、すでにABCがこのパイロット版をオーダーしていることもあり、ウェドン監督は早急に弟のジェド・ウェドンらとともに脚本の執筆に取り掛かるという。『ドールハウス』や『バフィー~恋する十字架~』シリーズなどTVドラマはお手のもののウェドン監督。ぜひともS.H.I.E.L.D.がTVシリーズ化されることを期待したい。

参考サイト:海外ドラマNAVI

「サイボーグ009 USAエディション」邦訳版 5月16日に予約受付スタート

009

石ノ森章太郎による日本の名作SFマンガのアメコミ版として話題を呼ぶ『009:USAエディション』が、7月19日に米国のコミックス出版社Archaiaから発売される。
石ノ森章太郎の原作を再構築、米国コミックス界で高い実績を持つF.J.デサントとブラッドリー・クランプが脚本、作画をマーカス・トゥが担当する。2013年夏の話題作のひとつだ。

970789_560268277329124_1636734854_nアメコミ版ではあるが、本書は日本でもいち早く邦訳出版されることが決定している。アメコミやバンドデシネの邦訳出版で定評のある小学館集英社プロダクション(ShoPro)が邦訳、米国発売日と同日の7月19日に発売する。異例のアメコミの日米同時リリースを実現する。
発売まで2ヵ月を控えこの国内版の予約受付が開始した。また、日本でのタイトルが『サイボーグ009:USAエディション』であることも明かされている。
さらに本書の表紙画像も公開され、これまで異なる趣の新しい00ナンバーサイボーグの面々を見ることが出来る。これまでもアニメ化など様々な変容を繰り返してきた『サイボーグ009』が海を渡り、どう表現されたかも分かり興味深い。
こちらの画像をベースにした壁紙とヘッダー画像が今後配布予定だ。詳細は、今後公式サイトやTwitter、Facebookで発表される。

また、予約受付開始を5月19日に決めたのは理由がある。実はこの日は、009こと島村ジョーの誕生日にあたる。そして、7月19日の発売日は、“サイボーグ009の日”にあたる。
石ノ森章太郎 生誕75周年にあたる2013年は、このほかも記念企画が多い。7月13日からは、石ノ森萬画館にて『サイボーグ009展(仮)』が開催される。2012年は映画『009 RE:CYBORG』で大きな盛り上がりを見せた本作だが、2013年も引き続き話題を呼び続けそうだ。

著者プロフィール
●F.J.デサント[脚本]…プロデューサー、ライターであり、映画やドキュメンタリーも手掛けるクリエイター。DCコミックス、Archaia、ムーンストーン、ルーカスフィルム等で活躍している。
●ブラッドリー・クランプ[脚本]…ロサンゼルス在住のライター、プロデューサー。『ガタカ』『トゥルーマン・ショー』『ロード・オブ・ウォー』等の映画作品にクレジットされている。
●マーカス・トゥ[画]…カナダ出身のアーティスト、イラストレーター。2004年にアメリカのコミック業界でデビューした。『レッドロビン』『ハントレス』『フラッシュ』等の作品を手掛ける。

小学館集英社プロダクション(ShoPro)
http://books.shopro.co.jp/
Ffacebook http://www.facebook.com/ShoProBooks
Twitter @ShoProBooks

石ノ森萬画館
http://www.man-bow.com/manga/

参照サイト:アニメ!アニメ!