TVドラマ」カテゴリーアーカイブ

マーベルがライバル!スーパーマン&バットマンに続くDCコミックスヒーローたち

先日のサンディエゴ・コミコンで、ベン・アフレック&ヘンリー・カヴィル主演の『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』、ジャレッド・レト演じる新ジョーカーを筆頭に悪役が集結する『Suicide Squad』(原題)といったDC/ワーナーによるヒーロー映画プロジェクト“DCユニバース”が明らかにされ、大反響を呼んだ。

スーパーマン、バットマンなど、DCコミックのスーパーヒーロー・チームは「ジャスティス・リーグ」と呼ばれ、マーベルの「アベンジャーズ」同様、個性豊かなキャラクターが勢ぞろい。今回は「アベンジャーズ」と比較しながら、「ジャスティス・リーグ」のメンバーに注目!

続きを読む

【ネタバレ解説】アメコミ原作海外ドラマ『ARROW』のシーズン2予告編

【ネタバレ解説】アメコミ原作海外ドラマ『ARROW』のシーズン2予告編

バットマン』や『スーパーマン』でお馴染みのDCコミックス原作の海外ドラマ『ARROW / アロ
』のシーズン2後半戦の予告編が海外で公開されました。弓矢と鍛えあげられた肉体で悪を成敗す
るヒーロー、オリバー・クイーンの前にあの男が帰ってくる……!かなりネタバレの連続ですが、「バットマン」とも関連する新ヒーロー、新ヴィラン、そして新チームがお目見えする激アツな映像なので、今回はキャラクターを中心に軽く解説も致します。ネタバレは一向に構わんというファンの方はぜひご覧ください!

スレイドさん

スレイド・ウィルソン

シーズン1を見ている方にはお馴染みのスレイドが眼帯姿でクイーン邸に登場。オリバー・クイーンとの約束を果たし、彼の全てを破壊しようとやって来たらしい。彼は味方だったはずなのに島で一体何があったのか……!
デスストローク

デスストローク登場!

そして、スレイドは遂に原作通りにヴィランの「デスストローク」に! 原作では超人兵計画に参加して、持ち前の高い身体能力に加え、再生能力と天才的知力を得たキャラですが、ドラマ版ではその辺の能力は描かれるのかどうか(既に死ぬっぽいシーンがあるから、再生能力はありそうね)。ドラマ版ではオリバーの師の一人でもあるので、シリーズ最強の敵となること間違いなし!
ブラックキャナリー

ブラックキャナリー

謎めいたマスクの女性が登場。これはシーズン2の前半戦で初登場を遂げたスーパーヒロインの「ブラック・キャナリー」。顔も出ているので、その正体はドラマを注意深く見ている方なら分かるかもしれませんが、あえてここでは書かないでおきましょう。

ブラック・キャナリーは原作では、柔道の達人で口から超音波を出し物を破壊できる能力の持ち主。また、シーズン1にも登場したヒロイン「ハントレス」とも繋がりが深く、さらにグリーンアローの恋人でもあります。ドラマ版では棒術で戦うのかな……?
スーサイド・スクワッド

スーサイド・スクワッド

シーズン1で度々グリーンアローの前に立ちはだかった凶悪な暗殺者「デッドショット (ロートン)」やその他の犯罪者を政府機関A.R.G.U.S.(ディグルの知り合いがいる組織)が集めたチーム「タスクフォースX」こと「スーサイド・スクワッド」が結成された模様。

原作でも、スーサイド・スクワッドは原作でも政府が捕まえたヴィランを集めて刑期の短縮と引き換えに政府のために働かせる特殊部隊。最近のコミックでは、バットマンのヴィランでジョーカーの恋人(?)、「ハーレイ・クイン」が所属してたりしました。ドラマにも出てきたりして……?

デスストローク、ハントレス、デッドショットなどなど、バットマンとの繋がりが強いキャラが揃ってきて、なんだかそろそろゴッサムシティの話が出てきてもおかしくない感じ。

実は、アメリカでは2014年~15年の間に、ゴッサムシティを舞台にしたドラマ『ゴッサム(原題)』を放送予定。ゴードン署長の若き日を描くということで、時代設定がアローとクロスオーバーする展開は無さそうですが、これはこれで非常に期待しています。
フラッシュ

最近公開されたフラッシュのコスチューム

クロスオーバーといえば、アローと同チャンネルで、同じくDCコミックのキャラクターで、超高速で移動する能力を持つヒーロー「フラッシュ(バリー・アレン)」のドラマ化も決まっています。

既にアローのシーズン2で、フラッシュになる前のバリーが登場したようなので、こちらはちゃんとクロスオーバーしていきそう。スーパーパワーを持たないアローとスーパーパワーを持つフラッシュが共闘する話とか楽しみすぎる!

どんどん人間離れしたキャラクターが登場し、よりアメコミ原作らしくなってきて熱い展開を見せている『ARROW / アロー』のシーズン2は海外ドラマ専門チャンネルAXNにて、5月より放送予定!

 

人気アメコミヒーロー 「ARROW/アロー」米ドラマ界から熱視線!ノースタントで挑むスティーヴン・アメルに注目!

greenarrowbanneraabc昨秋から全米で放映が始まった新 TV シリーズ「ARROW/アロー」。DC コミックスの人気シリーズ「グリーン・アロー」を実写化したアメコミヒーローものだが、アクションだけでなく、ミステリーやドラマ、ロマンスの要素がバランスよく盛り込まれたシリーズとして、批評家やファンたちに絶賛されている。

130902215655「ARROW/アロー」の成功は、主演のオリバー・クイーンを演じるスティーヴン・アメルの魅力によるところが大きい。アメルは、この役にためにボディを鋼のように鍛え上げただけでなく、ほとんどのアクションシーンを自ら演じている。この秋から待望のセカンド・シーズンがスタートするが、アメルは新シーズンのプレミアについて以下のように語った。
「今シーズンのプレミアに出てくる4つのアクションは、どれもこれ以上はないと思えるほど凄いスタントなんだ。僕が60フィート(約 18m)の高さにいるシーンが出てくるけど、それは100%僕自身だよ。なんでも自分でやるのが好きなんだ」

億万長者の主人公が、身分を隠して、影で悪に立ち向かうという設定は、同じ DC コミックスの「バットマン」を彷彿させるが、セカンド・シーズンには、バットマンの敵として知られるラーズ・アル・グール率いる暗殺者集団リーグ・オブ・アサシンのメンバー、アール・オワールが、手強い悪役として登場する。

また、本作のクリエイター、グレッグ・バーランティとアンドリュー・クライスバーグは、DC コミックスのもう一人の人気ヒーロー、地上最速の男フラッシュの TV シリーズ「The Flash」を、「ARROW/アロー」のスピンオフとして制作することが決まっており、「ARROW/アロー」の新シーズンにも3エピソードに渡って、後にフラッシュとなるバリー・アレンを登場させるという。
先日、映画『Batman vs. Superman』でバットマン役をベン・アフレックが演じることが発表されたが、TV シリーズの方も、今後「ARROW/アロー」を中心に、今までにない斬新な DC コミックス・ワールドが楽しめそうだ。

「ARROW/アロー」公式サイトはこちら☞ http://arrow-tv.jp/

参考サイト:CINEMA TOPICS ONLINE

ARROW / アロー <ファースト・シーズン> コンプリート・ボックス [Blu-ray]

ARROW / アロー <ファースト・シーズン> コンプリート・ボックス [Blu-ray]
価格:¥ 11,681 通常配送無料

弓矢で戦う孤高のヒーロー! アメコミ原作の海外ドラマ『ARROW / アロー』が日本で放送開始

『ARROW/アロー』
バットマン』や『スーパーマン』を生み出したDCコミック原作のアクション・テレビドラマ『ARROW / アロー』が遂に日本に上陸します!
『ARROW / アロー』は、5年前の船の遭難事故で死んだと思われていた億万長者のプレイボーイ「オリバー・クイーン」が突如として街に舞い戻り、緑のフードを纏って正体を隠しながら、鍛え上げた肉体弓矢を武器に、父の遺したリストに載る悪人に制裁を加えていくという物語。
YouTube Preview Image
いやー、芸術的に素晴らしい筋肉です。その筋力を活かしたかっこいいアクションが見られると同時に、彼がいかにして、その凄まじい肉体と卓越した弓矢の腕を手に入れたのか……という謎も同時並行で明らかになっていくんだとか。なんとなく『ダークナイト』シリーズに近い、シリアス、リアル路線な雰囲気です。
グリーンアロー 

原作版「グリーン・アロー」

もちろん、今回のドラマは原作の知識が無くても十分楽しめるハードボイルドなアクション作品なわけですが、せっかくなので解説を。このドラマの元となっているのは、DCコミックのヒーロー『グリーン・アロー』。ドラマ同様、億万長者で弓を武器に戦うヒーローです。

DCの他作品と同様、バットマンやスーパーマンと同じ世界に生きており、原作では彼らと共闘することも。設定が若干似ていることもあってか、バットマンとはライバル的な関係で描かれることもあるキャラクターです。

そしてドラマ版には、アニメ『ティーン・タイタンズ』にも出てきた隻眼の超人傭兵「デスストローク」や、ゲーム『バットマン:アーカム・シティ』にも登場した暗殺者「デッドショット」など、原作でおなじみのキャラクターが登場するとのこと。
フラッシュ

 

フラッシュ

また、シーズン2では世界最速のヒーロー「フラッシュ」も登場予定(後に単独シリーズも始まるらしい)。最終的に、バットマンやスーパーマンと合わせて、DCコミックのヒーローチーム『ジャスティス・リーグ』が映画で結成されたりするかもしれません。実現するといいなぁ!

『ARROW / アロー』は、海外ドラマ専門チャンネルAXNにて、9月7日(土)の21:00よりシーズン1(全23話)を特別一挙放送! また、9月22日から字幕版、9月27日から吹替版のレギュラー放送が放送開始予定です。視聴方法はAXN公式ページをご覧ください。

参考サイト:kotaku

 

『ARROW/アロー』に、DCコミックの仲間ザ・フラッシュが登場! スピンオフの可能性も?

ロビン・フッドのごとく、弓を武器に悪と戦うアメコミヒーロー、グリーン・アロー。彼が活躍するドラマ『ARROW/アロー』に、同じくDCコミックのヒーローである”ザ・フラッシュ”が登場することになった。

20130731-00000007-dramanavi-1-00-view

『ARROW』は、船の遭難事故から5年を経て生還した億万長者のプレイボーイ、オリバー・クイーンが、スターリング・シティの不正をただすため、人知れずヒーローとして生きていく物語。『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のスティーヴン・アメルが主演を務め、日本でも9月からAXNにて放送が始まる。

その本作に、同じくDCコミックで有名なザ・フラッシュが登場する。コミックにおけるザ・フラッシュは、稲妻のマークがついた深紅のスーツを身にまとい、超高速で移動することが可能。1990年には、ジョン・ウェスリー・シップ(『サンタバーバラ』)とアマンダ・ペイズ(『マックス・ヘッドルーム』)の出演で、米CBSによりドラマ化されたこともある。

『ARROW』でザ・フラッシュが初登場するのは、アメリカで今年の秋から始まるシーズン2の第8、9、20話。このうち第20話が、同キャラクターを主人公としたスピンオフ・ドラマ『Flash』のパイロットとしての役割を果たす。ザ・フラッシュを演じる俳優探しはまだスタートしたばかりだという。

「ザ・フラッシュとして知られるバリー・アレン博士を、準レギュラーのキャラクターとして導入し、そのオリジンを描く計画を立てています。DCユニバースをぜひとも広げていきたい。豊かなキャラクターたちを利用することができる私たちにとって、これは目標を達成するための最高の道だと考えています」とペドウィッツ社長は言っている。

リアリティ重視により超能力の描写をさけてきた『ARROW』の世界観で、ザ・フラッシュの超能力がどのように扱われるのか気になるところだ。

なお、CWではこのほかDCコミックのキャラクターとして、ワンダーウーマンのオリジンを描く『Amazon』のプロジェクトを抱えていたが、現在は保留中。いまはザ・フラッシュのスピンオフ化に力を注ぐようだ。

『ARROW』のほかにも、同局は看板ドラマ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』や『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』でもスピンオフ・ドラマを立ち上げている。前者は『The Originals』というタイトルで今年の秋からスタート、後者はシカゴを舞台とする設定が明らかになったばかりだ。

参照サイト:海外ドラマNAVI

『リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン』がドラマ化へ

後に映画化もされたアメコミ『ウォッチメン』、『Vフォーベンデッタ』の作者アラン・ムーアの代表作『リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン』がFOXでドラマ化へ向けて、パイロット版の製作が決まったようです。

130718ktleague

『リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン』は、1999年にDCコミックから出版された、原作アラン・ムーア、作画ケヴィン・オニールのグラフィック・ノベル。大英帝国の危機を救うため、19世紀末に書かれたイギリス文学の有名キャラクターが「リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン(超紳士同盟)」を結成して戦う、クロスオーバー(パロディ)作品。

有名キャラがチームを組むというと、「アベンジャーズ」的なものを想像するかもしれませんが、その面々は元吸血鬼のウィルヘルミナ・マリー(『吸血鬼ドラキュラ』)、アヘン中毒の探検家アラン・クォーターメイン(『ソロモン王の洞窟』)、ノーチラス号で軍艦を襲う狂信者ネモ船長(『海底2万マイル』)、ハルクのような巨人のハイド氏に変身して連続殺人事件を起こすジキル博士(『ジキル博士とハイド氏』)、透明の身体を活かして女学生をレイプするグリフィン博士(『透明人間』)など、超曲者ぞろい

そんなアレンジの加えられた、もはや怪人というべき有名キャラクターたちが共に戦うという設定とアラン・ムーアの風刺混じりのストーリーで人気を博した作品です。2003年には映画化(邦題『リーグ・オブ・レジェンド』)もされています。

ちなみに、アラン・ムーアは自身の作品の映像化にかなり否定的な人物としても知られており、『ウォッチメン』などの映画化作品では彼の意志を尊重して、名前が原作者としてクレジットされていないほど。今回のドラマ化もアラン・ムーアは喜んでいないかもしれませんね。

とにかくまずは映像が見てみたいところ。出来れば原作のキャラクターの設定やストーリーを活かした素敵な作品になってくれると嬉しいですね!
‘League of Extraordinary Gentlemen’ pilot ordered by Fox[EW.com via blastr
League of Extraordinary Gentlemen[DC Comic Database]

参考サイト:kotaku

海外ドラマ「ザ・ケープ」PRに登場“セクシーヒーロー” は誰? ヒントはセクシーすぎるナイスボディ!

戦う謎のセクシーヒーロー

戦う謎のセクシーヒーロー

海外ドラマ「ザ・ケープ 漆黒のヒーロー」のDVDが7月3日にリリースされることを記念して、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントは6月27日より“謎のセクシーヒーロー誕生!キャンペーン” を開催することを決定。都内で行われたキャンペーン発表会場に、“戦う謎のセクシーヒーロー”が現れ報道陣を驚かせた。

「ザ・ケープ 漆黒のヒーロー」は、米3大ネットワークNBCで放送された、“漆黒のケープ” を身にまとった覆面ヒーローの活躍を描いたヒーロー・アクション・エンターテイメント作品。

主人公は悪の組織によって犯罪者の汚名を着せられ、世間では死んだことになってしまった誠実で正義感あふれる警察官ヴィンス。彼は漆黒のケープを身にまとい、幼い息子が愛読していたヒーローコミック「ザ・ケープ」の主人公になりきり謎のヒーロー“ケープ” として街の悪と戦っていく。

今回のキャンペーンは、そんな正体不明の主人公にちなみ、“戦う謎のセクシーヒーロー” を迎え、彼女の正体を当てるという主旨。

この日、“謎のセクシーヒーロー” は黄色いビキニ姿に漆黒のケープをまとい、覆面をつけた姿で登場。不敵な笑みを浮かべながら今回のキャンペーンについて、「ただのヒーローではなく、セクシーヒーローとして登場できたことをうれしく思っています。皆さん、私が誰なのか気合いを入れて当てて下さい!」と元気よく挨拶。

海外ドラマ「ザ・ケープ」PRに登場した“謎のセクシーヒーロー” は誰? ヒントはセクシーすぎるナイスボディ

早速、ヒーローらしく強烈なハイキックを披露すると、あまりの破壊力にキックを受けた男性が吹っ飛び、地面に倒れてしまうというハプニングが。さらにセクシーヒーローは、倒れた男性を踏みつけながら胸を張り、誇らしげにポーズを決めてみせた。

そうかと思えば、本作の感想を聞かれ「誰かのために戦っているヒーローの姿に感動しちゃいました。アメコミ・ヒーローはカッコいいのですね! 憧れます」と照れながら語り、強い男性が理想だと明かし赤面してみせた。

これほど豪快な技を繰り広げたものの、実はグラビアアイドルでもあるという“謎のセクシーヒーロー” 。一体彼女の正体とは・・・?

“謎のセクシーヒーロー” は「体を見れば誰だかわかると思います。皆さん、必ず誰なのか当てて下さい! もしハズレたらキックでお仕置きします!」とキャンペーン参加者へ熱く呼びかけると会場を後にした。あなたは彼女の正体がおわかりだろうか?

戦う謎のセクシーヒーロー

■ キャンペーン概要

実施期間:6月27日(木)〜7月18日(木)23:59 応募締切
特設サイト:http://www.universal-tv.jp/cape-ladycp/
抽選・当選発表:詳細は上記の特設サイトをご覧下さい。

【動画】海外ドラマ「ザ・ケープ 漆黒のヒーロー」予告編
YouTube Preview Image

■ 商品情報:

「ザ・ケープ 漆黒のヒーロー」
DVD-BOX ¥6,090(税込)
7月3日(水)発売
※同時レンタル
発売・販売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
(c)2011 Universal Studios. All Rights Reserved.
公式サイト:http://www.thecape-tv.jp/

参考サイト:TV Groove

億万長者が弓矢で世界を救うイケメン過ぎるアメコミ・ヒーロー『ARROW / アロー』

映画『ダークナイト』的な世界観は、大人が楽しめるアメコミ・アクションとして見応え満点。鍛え上げられた肉体に甘いマスクで人気沸騰中の、スティーヴン・アメルの活躍も必見だ。

『ARROW / アロー』
アクション満載で描く大人のヒーローもの。
人気のアメコミ『グリーン・アロー』をベースに、現在によみがえった新たなヒーローの活躍を描くアクション。今秋、9月ブルーレイ&DVDリリース決定。同月AXNにて日本独占初放送。

© 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

昨年はマーベルコミックの人気ヒーローが集合した映画『アベンジャーズ』が大ヒットを記録。今年は『アイアンマン3』『ウルヴァリン:SAMURAI』のほか、『スーパーマン』が新たな形でよみがえる話題の『マン・オブ・スティール』の公開が控えるなど、ハリウッドは空前のアメコミ・ブームに沸いている。

一方、『アベンジャーズ』の監督ジョス・ウェドンが、自らスピンオフ作品『S.H.I.E.L.D.』をテレビで手がけるなど、ドラマにもアメコミの波は到来。そんななか、DCコミックスの人気作『グリーン・アロー』を現代風に大胆にアレンジした話題のアメコミ・アクション『ARROW / アロー』が全米で若者層を中心に人気を博している。

主人公は、船の遭難事故で死んだと思われた億万長者でプレイボーイのオリヴァー・クイーン。5年ぶりに孤島より奇跡の生還を果たし、遭難時に死んだ父親と交わした約束を果たすために、街にはびこる悪の権力者たちに制裁を加えていく。だが、オリヴァーの目的が公になっては支障があるため、表向きは以前と変わらないチャラ男を装い、夜はグリーンのフードをかぶり弓を武器に闘う謎のヒーローとして街の浄化に乗り出していく。

架空の街を舞台に、資金には困らないボンボンが孤高のヒーローとして悪を倒していく展開は、『バットマン』のブルース・ウェインを彷彿とさせるものがある。だが、本作のオリヴァーは孤島で徹底的に鍛え上げた肉体と培ったサバイバル能力が最大の武器。生身の体で闘う等身大のヒーロー像が、親近感とリアリティを生んでいる。

主演のスティーヴン・アメルは、カナダ出身の注目のイケメン俳優。毎回のように披露する美しく割れた腹筋に、キレのあるアクションが見どころだ。また、再婚した母親やかつての恋人などとの複雑な人間模様に、正義の意味を問いかける内容は映画『ダークナイト』のような見応えのあるドラマに仕上がっている。企画・製作総指揮には『タイタンの逆襲』『グリーン・ランタン』など、ハリウッド大作も手掛けるグレッグ・バーランティらが名を連ねており、テレビの枠を超えた映画的なスケール感も魅力的だ。

© 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

参考サイト:gq