映画」カテゴリーアーカイブ

アメコミヒーローの原点『ファンタスティック・フォー』、映画化で今秋公開!

数々のアメリカンヒーローを世に送り出してきたマーベルコミックスの原点ともいえるヒーローたち、『ファンタスティック・フォー』が映画化される。今回、最新映像とビジュアルで“特殊能力をもつ4人”の様子が一部公開された。

『ファンタスティック・フォー』は、『アベンジャーズ』『X-MEN』『スパイダーマン』などの“アメコミヒーロー”を生み出したマーベルコミックスが新たに放つスぺクタクル・アクション作品。原作は、1961年、スタン・リーとジャック・カービーによって生み出された。以来、コミックの売上数は1億5,000万冊以上にものぼり、その歴史は50年を超えるマーベルコミックスでも最長寿だ。今回公開された最新予告映像では、マーベルコミックスが生み出した世界初のヒーロー・ユニット「ファンタスティック・フォー」のメンバー4人の特殊能力が明らかになっている。

続きを読む

「ヒットマン」新作映画の導入となるアメコミ「Hitman: Agent 47: Official Movie Prelude」が無料公開中

●エージェント47強すぎ!

8月21日より全米公開される「Hitman: Agent 47」(配給:20世紀フォックス)は、スクウェア・エニックス傘下のIO Interactiveによる人気ステルスゲーム「ヒットマン」シリーズを原作に、ルパート・フレンド演じる凄腕の暗殺者エージェント47の戦いを描く新作アクション映画。そんな本作への導入となるコミック「Hitman: Agent 47: Official Movie Prelude」が公開中だ。

続きを読む

みんな大好きスターウォーズ!!『スター・ウォーズ エピソード7』2015年12月公開の情報まとめ

2015年12月18日 日本公開決定

続きを読む

[スター・ウォーズ]新作「エピソード7」、日本公開は来年12月8日

 映画「スター・ウォーズ」シリーズの最新作「エピソード7(仮)」が2015年の12月18日に日本で公開されることが4日、明らかになった。新作は「エピソード6/ジェダイの帰還」から30年後が舞台になるといい、5月からロンドンのパインウッド・スタジオで撮影がスタートする。

 「エピソード7」は、J.J.エイブラムスさんが監督を務め、マックス・フォン・シドーさんやオスカー・アイザックさんらが出演する。また、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルさんやハン・ソロ役のハリソン・フォードさん、レイア役のキャリー・フィッシャーさんら旧作のキャストが出演することも発表され、話題になっている。

 エイブラムス監督は新作について「皆さんに愛されてきたおなじみのメンバーに加えて、新しいキャストを迎えて作品を再び世に出せることは、信じられないほど興奮に満ちています。数週間後には撮影をスタートする予定なので、スタッフ一同ファンの皆さんに喜んでもらえるよう全力を尽くします」とコメントを寄せている。

 

『バットマン:アーカム・ビギンズ』の前日譚を描くショートフィルム

『バットマン:アーカム・ビギンズ』の前日譚を描くショートフィルム

 

昨年発売されたアクションゲーム『バットマン:アーカム・ビギンズ』の前日譚を描く超かっこいいファンメイドなショートフィルムが公開されました。

ゲームでもかなりの強敵だった「デスストローク」が「ブラックマスク」の手下を相手に大暴れ!

 
テスト

バットマンの首に賞金をかけたブラックマスクは、
自分の手下を武器を使わず全員倒せたらデスストロークを雇うと約束

 
煙幕

煙幕! かっけぇ!

 
ドリーム

奪った武器を捨てて第2ラウンドへ

 
ゲーム版トレイラーの直前という位置づけのストーリー。徹底的に作りこまれたコスチュームを身にまとい、CGやスローモーションを駆使してど派手なアクションをやっていて、ファンメイドとは思えないクオリティの映像になっていますね。

特に、相手の動きを先読みする描写(映画『シャーロック・ホームズ』でやってたアレのよう)が最高。デスストロークが超人兵計画で得た天才的知力を上手に表現していますね!

デスストロークは、ドラマ版『ARROW』にも遂に登場し、さらに原作コミックでは刷新される『スーサイド・スクワッド』に参加するなど今後より一層注目を集めそう。これからも、こんなファンメイドフィルムがどんどん作られていったら嬉しいな!