アニメ」カテゴリーアーカイブ

バットマン、ジョーカーも登場!2016年アメコミ映画の最強軍団『スーサイド・スクワッド』

DCコミック映画の中で一際異色&注目を集めている映画「スーサイド・スクワッド」について解説します。2016年は3月25日に「バットマン V. スーパーマン:ドーン・オブ・ジャスティス」が全米公開ですが、同年8月5日に全米公開予定の本作もこれからのDCコミック映画の世界を広げていく可能性を秘めています。

続きを読む

アメコミ映画『ウォッチメン』を『スポンジボブ』のキャラクターでアニメ化してみた

アメコミ映画『ウォッチメン』を『スポンジボブ』のキャラクターでアニメ化してみた

アラン・ムーア原作のアメコミヒーロー映画『ウォッチメン』を、アメリカの人気アニメ『スポンジ・ボブ』のキャラクターでアニメ化したファンメイドの動画が公開されました。

 
可愛いけど残酷なところは『ウォッチメン』というよりも、内臓をつついたり、主人公が爆発したりする『スポンジ・ボブ』譲りな感じ?

プランクトン」が「オズマンディアス」になってるからサイズの関係で、「コメディアン」=「パトリック」を殺しにきた犯人がシルエットだけで分かっちゃうのはクスっときてしまいました。

エンドクレジット後に登場する人物は原作者のアラン・ムーアをイメージしているということでいいのかな。確かに、彼はこういうの嫌がりそうですね……。

作者のEl Cidさんが持っているYouTubeチャンネルでは、この他にも、『ガーフィールド』と『グラディエーター』をミックスさせた『ガーフィールディエーター』や、「バットマン」が「ホットドック」を食べるだけの動画「ホットドック」が「バットマン」を食べるだけの動画などシュールな作品も公開中。合わせてチェックしてみてください!

もし『ダークナイト・ライジング』の舞台が1930年代の上海だったら…を再現したアニメ(動画あり)

もし『ダークナイト・ライジング』の舞台が1930年代の上海だったら...を再現したアニメ(動画あり)コミコンで紹介された1930年代の上海を舞台にした『ダークナイト・ライジング』のDC Nationカートゥーンが、遂に全貌を明らかにしました。Wolf Smoke Studiosが手掛けた同作では、チャイナドレスインスパイアの衣装に身を包んだキャットウーマンや、やたらデフォルメされたベイン、そしてバットマンが巻物を巡って上海の街を所狭しと大暴れ。それでは以下から3分40秒に渡る動画をどうぞ。

YouTube Preview Image
面白いコンセプト! 実写にしてしまうと『バットマン』の世界観が大きく崩れてしまいそうなので、このままショートアニメでシリーズ化を希望したいところですね。

 

日本人が主役のアメコミヒーローアニメ化「Big Hero 6」?

米ウォルト・ディズニーのアニメ工房であるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが、マーベルコミックの「Big Hero 6」を映画化することになったと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

「Big Hero 6」は、日本政府が組織したスーパーヒーローチームの活躍を描く物語で、侍やロボット、ファッションに至るまで日本文化への愛に満ちた作品だ。2009年にマーベルを買収して以来、ディズニーは系列局のディズニーXDで「スパイダーマン」や「アベンジャーズ」のアニメ放送を行っていたが、マーベル作品をディズニーがアニメ映画化するのは今回が初となる。

大のコミック好きで知られるドン・ホール監督(「くまのプーさん」)は、大量にあるマーベルのライブラリーのなかから「Big Hero 6」を発掘。同社でチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるジョン・ラセター監督に映画化をプレゼンし、自らメガホンをとることになったという。14年11月7日に全米で公開予定。

参考サイト;映画.com ニュース

Big-Hero-6-Comic-Book-new