みんなの知らないアメコミヒーローのひみつ!


           スーパーマンの呪い

imagesスーパーマン役を演じた俳優ジョージ・リーヴスとクリストファー・リーヴの身の上に起こった有名な災厄により、スーパーマンの呪いはポップ・カルチャーの間である程度広く知られている。

別の情報源は、バド・コリヤーやテリー・ハッチャーなど複数の俳優がスーパーマン作品と関わった後に成功を収めている事実や、個々の「呪い」はそれが起こった分野で起こりがちな災厄であることを理由に、スーパーマンの呪いの存在を否定している。

それにも関わらず、このジンクスは多数の映画俳優の間で真剣に受け止められており、幾人かは数百万ドルの出演料を提示されても新作のスーパーマン映画への出演を断った。

         ウルヴァリン初登場時は『敵』

inchulk181

ウルヴァリンが最初に登場したのはレン・ウェイン原作、ハーブ・トリンプ作画の「超人ハルク」#180(カバーの日付では1974年10月)の最後のコマである。

 

 

 

 

 

        

 

           ウルヴァリンの子共

95mxk

息子。漢字で書くと「駄犬」。

記憶が混乱しているのも父親似。超人的身体能力に加え、ヒーリングファクター、両腕に三本ずつのボーンクロー(手の甲側から二本、手首から一本のクローが生えている点がウルヴァリンと違う)を持つ。

 

 

 

 

             バットマン死亡!?

バットマン:RIP

バットマンは心身を極限まで鍛えあげた究極の人間だが、彼にも限界はある。

そして今、彼の弱点を知り尽くした敵が現れた。その名はブラックグローブ。

この正体不明の強敵が、闇の騎士を完膚なきまでに破滅させようと動き出した!

ブラックグローブの容赦ない心理攻撃の前に、バットマンは狂気の淵へと追い込まれていく……。

さらにバットマンを苦しめる最大の敵が、バットマンの父親トーマス・ウェインを名乗るものだったのだ!

 

      

         アイアンマンはアルコール依存症だった

iron_man_128

彼の姿を見ただけで子供は逃げ、警察には邪魔者として追い払われる。今まで大した挫折も経験せずに華やかなスター街道を歩んできたアイアンマン=トニーにとって、これは耐えがたい屈辱だった。

その苦痛から逃れるためにトニーはボトルに潜む悪魔(Demon in a Bottle)の誘惑に負け、ついにはアルコール中毒に身を堕としていく。

映画「アイアンマン」主役のロバート・ダウニー・Jrもアルコール依存症だったとのこと。
彼だからこそ演技に深みが出てヒット作となったのでしょうか。

 

 

 

          多くのアメコミヒーローを生み出した男

スタン・リー(Stan Lee、1922年12月28日 – )は、アメリカン・コミックスの漫画原作者。マーベル・コミック編集委員、マーベル・メディア名誉会長。マーベル・コミック発行責任者などを歴任した。

代表作
『アメイジング・スパイダーマン』
『ファンタスティック・フォー』
『X-メン』
『アイアンマン』
『ハルク』
『マイティ・ソー』
『デアデビル』
『ドクター・ストレンジ』
『アベンジャーズ』

当時人気だった『キャプテン・アメリカ』は戦前から戦後にかけて脚本を担当している

数多くの作品を手がけており、原作コミックの映画にはカメオ出演するなど、遊び心がある方です。とても人気があり多くのネタ遊びも生んでいます。

スパイダーマンのゲームにて、操作キャラクターとして出ています。↓

YouTube Preview Image