街の平和を守る、リアル・ライフ・スーパーヒーロー!


real-life-superheroes

常軌を逸したリッチマンだとか宇宙人だとかミュータントだとか特殊なクモに刺されたとか、そんな特別な出自を持たない一般人だけど、実社会でのスーパーヒーローを目指している人たちがいます。

それを『リアルライフ・スーパーヒーロー(RLSF)』というのだそうですが、志はともかく一歩間違えば単なる危ない人なんじゃないかと。

01.アングルグラインダーマン

reallife superheros 5120
アングルグラインダーマンは自称スーパーヒーロー。タイヤをクランプされている不幸なドライバーを探して深夜のパトロールを行う彼は、グラインダーを使って車を救出する、英国のドライバー達の味方です。
02.ダークガーディアン

reallife superheros 5121
ダークガーディアンは市民生活を守る夜のスーパーヒーロー。仲間のファントム・ゼロやライフ達とともに犯罪と戦い、慈善事業の仕事や病院の訪問、学校での会談などを通じてコミュニティを守っています。

03.ポーラーマン

reallife superheros 5115

イヌイット伝説ポーラーベアの化身であるポーラーマンは、カナダの深い雪の中に現れて、年配者のための歩道をすっきりさせたりコミュニティ・イベントに参加したり、子供たちの遊び場を整えるなどしています。

04.ブラックマンデー・ソサエティー

reallife superheros 5116

ソルトレークシティの通りをパトロールする彼らにティーンエイジャーは撮影を求めたり、老人たちは無視したりします。恐ろしげな外見に似合わず目的をオープンにしている彼らは、通りの安全を維持したりホームレスを養うのを手伝ったりしているようです。

05.ゼータマン

reallife superheros 5119

ゼータマンはポートランドの夜の町の決まったコースをパトロールていますが、これまでだれかを逮捕したことはありません。その多くは恵まれない人たちに食糧などを手渡す利他的な行為に費やされ、今ではゼータ部隊を広げるまでに地域に溶け込んでいます。

06.キャプテン・オゾン

reallife superheros 5117

キャプテン・オゾンは2039年からやってきたタイムトラベラーで、不幸な未来を救う任務を行うために現代の地球にやってきました。絶滅危惧種を保存して、再生可能エネルギーと環境芸術を推進するために、キャプテン・オゾンは今日もヘンプオイル(麻油)で動くパワーチェーンソーをふるいます。

07.シチズン・プライム

reallife superheros 5118

市民首相の名前を持つシチズンプライムは、自らのバットモービル・日産のX-Terraと携帯電話を武器に、悪事を見つけると写真を撮り、警察へ通報します。しかし多分、サークルKのまわりでウロついているティーンエイジャーを通報するために、4,000ドルのスーツは必要としません。

08.スーパーバリオ・ゴメス

reallife superheros 5113

プロレスラーのようなコスチュームのゴメスはメキシコの高校を中退しており、バイオレンスで犯罪や腐敗と戦うというよりは、労働者集会と抗議行動により嘆願書をファイルするために自らのイメージを使います。
1996年にスーパーバリオ・ゴメスは米国大統領の候補であると勝手に宣言して、アメリカ合衆国とメキシコでの模擬選挙集会を開きました。

09.キャピタルシティ・スーパースクワッド

reallife superheros 5114

キャピタルシティ・スーパースクワッドはワシントンDCの労働者を助けるためにスーパーヒーローのアイデンティティを使用しているボランティア団体です。
彼らは彼らの活動を行うために常に新しいメンバーを探しており、メールを送ることで誰でもスーパーヒーローになることができます。

10.エントモ

reallife superheros 5122

エントモは環境とナポリの市民を守るために生まれた昆虫探偵。生けるすべての生き物の代表であると主張しています。

11.フェニックス・ジョーンズ

フェニックス・ジョーンズは警棒と催涙スプレーを武器にシアトルの夜の平和を守っている。新年早々に車上荒らしを取り逃がした彼は、まさにシアトルの守護神だ。

YouTube Preview Image
参考サイト:biog-bu