「えっ、ヒーローなのに……」バットマンの乗った車、パトロール中の警察官に取り締まられる


スーパーヒーローの乗り物はどれだけ法令違反をしようと止められることはなかったはずなのですが、アメリカでバットマンの乗った車が警察によって止められるという事件が発生しました。いったい何があったのか?そしてバットマンはどこに向かおうとしていたのでしょうか。

アメリカ・メリーランド州でバットマン風のケープを来た男の乗った車がパトロール中の警官に止められました。理由は「ナンバープレートが無くバットマン・エンブレムしかついていなかった」ため。

本物のスーパーヒーロならそれで何の問題もないのですが、警察は書類を求めて自動車の持ち主を確認。無事バットマン風の男が車の所有者であることが確認できたため、特に罰則は与えられず、注意だけで解放されたそうです。

しかしこんな恰好でこんな車に乗ってどこに行くつもりだったのでしょう?実は、地元の病院で入院している子ども達のところを訪ねていくための衣装だったそうです。ちょっとトラブルはありましたが、心はスーパーヒーローそのものなのでした。

参考サイト:dna