マイケルキートン主演!バードマンは2014年公開?(画像あり)


ティム・バートン版の『バットマン』『バットマン・リターンズ』でブルース・ウェインを演じたマイケル・キートンが、まさかの新ヒーローに?

その映画のタイトルが『バードマン(原題)』なのですが、この映画はブラック・コメディなのだとか。マイケル・キートンが演じる役が「かつてスーパーヒーローを演じた俳優」という、まるで本人そのままの設定となっているところが、ブラック・コメディのブラックたるゆえんでしょうか。

ではさっそく、初お披露目となる『バードマン』の撮影風景を見てみましょう。

マイケル・キートンとバードマン

マイケル・キートンとバードマン

映画『バードマン』のメガホンをとるのは、役所広司さんや菊地凛子さんの出演で話題となった『バベル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督。マイケル・キートン演じる俳優が、かつて有名すぎるスーパーヒーローを演じたキャリアで俳優として伸び悩み、ブロードウェイに出演することで家族を巻き込むドタバタ喜劇という感じのストーリーとなる見込みです。
バードマン その2

かなり苦々しい表情?

翼のあるバードマン

翼のあるバードマン。ブレスレットの能力も気になります。

では映画の中でバードマンがどういう存在なのかというと、漏れ聞こえるところでは、マイケル・キートン演じる俳優の「想像の中に現れる」ヒーローなのだそうです。自分の過去に悩まされる俳優という設定なうえに、ブラック・コメディということで、脳内ヒーロー(?)のバードマンが映画の中でどう扱われるのかにも興味津々です。

でも、こうしてみるとバードマンのコスチュームもなかなかカッコよくて、王道のスーパーヒーロー映画としても観てみたくなっちゃいますね。
バードマン マイケル・キートン 飛ぶ

リフトオフするマイケル・キートン

マイケル・キートン さらに飛ぶ

飛んで、飛んで……。

その他の出演者は、『アメイジング・スパイダーマン』でグウェン・ステイシーを演じたエマ・ストーン『オブリビオン』にも出演したアンドレア・ライズボロー、エドワード・ノートン、ザック・ガリフィアナキス、ナオミ・ワッツ他となっています。

そういえばマイケル・キートンって、リメイク版の『ロボコップ』にもオムニ社のCEO役で出演しているんでした。ちょっとヒーロー映画づいてる?

そんな映画『バードマン』は、アメリカでは来年2014年公開予定となっています。

バットマン マイケル・キートン版 バスト 単品

バットマン マイケル・キートン版 バスト 単品

マイケル・キートン as バットマン スタチュー

マイケル・キートン as バットマン スタチュー