[スター・ウォーズ]新作「エピソード7」、日本公開は来年12月8日


 映画「スター・ウォーズ」シリーズの最新作「エピソード7(仮)」が2015年の12月18日に日本で公開されることが4日、明らかになった。新作は「エピソード6/ジェダイの帰還」から30年後が舞台になるといい、5月からロンドンのパインウッド・スタジオで撮影がスタートする。

 「エピソード7」は、J.J.エイブラムスさんが監督を務め、マックス・フォン・シドーさんやオスカー・アイザックさんらが出演する。また、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルさんやハン・ソロ役のハリソン・フォードさん、レイア役のキャリー・フィッシャーさんら旧作のキャストが出演することも発表され、話題になっている。

 エイブラムス監督は新作について「皆さんに愛されてきたおなじみのメンバーに加えて、新しいキャストを迎えて作品を再び世に出せることは、信じられないほど興奮に満ちています。数週間後には撮影をスタートする予定なので、スタッフ一同ファンの皆さんに喜んでもらえるよう全力を尽くします」とコメントを寄せている。