【ネタバレ解説】アメコミ原作海外ドラマ『ARROW』のシーズン2予告編


【ネタバレ解説】アメコミ原作海外ドラマ『ARROW』のシーズン2予告編

バットマン』や『スーパーマン』でお馴染みのDCコミックス原作の海外ドラマ『ARROW / アロ
』のシーズン2後半戦の予告編が海外で公開されました。弓矢と鍛えあげられた肉体で悪を成敗す
るヒーロー、オリバー・クイーンの前にあの男が帰ってくる……!かなりネタバレの連続ですが、「バットマン」とも関連する新ヒーロー、新ヴィラン、そして新チームがお目見えする激アツな映像なので、今回はキャラクターを中心に軽く解説も致します。ネタバレは一向に構わんというファンの方はぜひご覧ください!

スレイドさん

スレイド・ウィルソン

シーズン1を見ている方にはお馴染みのスレイドが眼帯姿でクイーン邸に登場。オリバー・クイーンとの約束を果たし、彼の全てを破壊しようとやって来たらしい。彼は味方だったはずなのに島で一体何があったのか……!
デスストローク

デスストローク登場!

そして、スレイドは遂に原作通りにヴィランの「デスストローク」に! 原作では超人兵計画に参加して、持ち前の高い身体能力に加え、再生能力と天才的知力を得たキャラですが、ドラマ版ではその辺の能力は描かれるのかどうか(既に死ぬっぽいシーンがあるから、再生能力はありそうね)。ドラマ版ではオリバーの師の一人でもあるので、シリーズ最強の敵となること間違いなし!
ブラックキャナリー

ブラックキャナリー

謎めいたマスクの女性が登場。これはシーズン2の前半戦で初登場を遂げたスーパーヒロインの「ブラック・キャナリー」。顔も出ているので、その正体はドラマを注意深く見ている方なら分かるかもしれませんが、あえてここでは書かないでおきましょう。

ブラック・キャナリーは原作では、柔道の達人で口から超音波を出し物を破壊できる能力の持ち主。また、シーズン1にも登場したヒロイン「ハントレス」とも繋がりが深く、さらにグリーンアローの恋人でもあります。ドラマ版では棒術で戦うのかな……?
スーサイド・スクワッド

スーサイド・スクワッド

シーズン1で度々グリーンアローの前に立ちはだかった凶悪な暗殺者「デッドショット (ロートン)」やその他の犯罪者を政府機関A.R.G.U.S.(ディグルの知り合いがいる組織)が集めたチーム「タスクフォースX」こと「スーサイド・スクワッド」が結成された模様。

原作でも、スーサイド・スクワッドは原作でも政府が捕まえたヴィランを集めて刑期の短縮と引き換えに政府のために働かせる特殊部隊。最近のコミックでは、バットマンのヴィランでジョーカーの恋人(?)、「ハーレイ・クイン」が所属してたりしました。ドラマにも出てきたりして……?

デスストローク、ハントレス、デッドショットなどなど、バットマンとの繋がりが強いキャラが揃ってきて、なんだかそろそろゴッサムシティの話が出てきてもおかしくない感じ。

実は、アメリカでは2014年~15年の間に、ゴッサムシティを舞台にしたドラマ『ゴッサム(原題)』を放送予定。ゴードン署長の若き日を描くということで、時代設定がアローとクロスオーバーする展開は無さそうですが、これはこれで非常に期待しています。
フラッシュ

最近公開されたフラッシュのコスチューム

クロスオーバーといえば、アローと同チャンネルで、同じくDCコミックのキャラクターで、超高速で移動する能力を持つヒーロー「フラッシュ(バリー・アレン)」のドラマ化も決まっています。

既にアローのシーズン2で、フラッシュになる前のバリーが登場したようなので、こちらはちゃんとクロスオーバーしていきそう。スーパーパワーを持たないアローとスーパーパワーを持つフラッシュが共闘する話とか楽しみすぎる!

どんどん人間離れしたキャラクターが登場し、よりアメコミ原作らしくなってきて熱い展開を見せている『ARROW / アロー』のシーズン2は海外ドラマ専門チャンネルAXNにて、5月より放送予定!